fbpx

中国ビジネス向けコラム-中国人の給与事情

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国人の給与事情】

日本に来る中国人のほとんどは、ある程度裕福な人たちです。日本に住んでいると、観光旅行で来日する中国人ばかりを見ているので、中国人もそれなりに裕福で給料がたくさんもらえるのではないかと感じてしまうものです。ところが実際には、日本に来る中国人は富裕層と呼ばれる人たちで給与も非常に高いのが特徴です。厳密に言えば、日本に来るような人たちは農家や会社員をしているのではなく自分たちでビジネスを所有しているか、もしくはその親族が多い傾向に変わります。そのため、その人たちを基準に考えてしまうと、大きなカルチャーショックを受けるかもしれません。

実際に中国に住んでいる人の給与を見てみると、上海など大都市でも月収で言えば日本円にすると12万円から15万円程度になります。これは、高校生が卒業してから新卒で入った会社の中でもらう給料よりも少ないことがわかります。このように考えれば、日本よりも平均月収が少ないのが大きな特徴です。ただ、若干日本よりも物価が安いためそれほど生活で困るようなことはないはずです。
その一方で、農村部を見てみると1か月の給料が\10000に満たないことも少なくありません。自給自足の部分もあり物価は少ないものの、仮にこの人たちが海外旅行に行くとなれば10年ぐらいお金をためなくては行くことができません。明らかに国内でも格差があり過ぎると言えます。日本に来るような人は日本円で月収が300万円以上ある人が多い一方で、農村部では1万円程度ですのでその差はおよそ300倍といえるでしょう。

日本が格差社会といわれていますが、中国一つをとっても日本は対して格差社会ではないことがわかります。日本の場合は、ある程度平均的に収入が高い人でも月収が100万円ぐらいの人は2%ぐらいいますが、その半面いくら月収が安いといっても普通に働いていれば20万円ぐらいをもらうことができます。このように考えれば、中国での格差社会をなくすと同時に日本国内の格差はまだ格差といえないことがわかり、様々な気づきを得ることができるわけです。

お勧めレッスン: ビジネス中国語