fbpx

广州早茶

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

广州早茶

 

美食シリーズ今回は日本人も大好きな広州のヤムチャです!広東料理の一つですが生活と一体となっていて習慣ともいえる食文化です!

广州早茶

早茶,作为一种源自广州的粤式饮食,是去茶楼喝茶、吃点心的代名词。广州人喜欢早茶,有的当作早餐,有的则以此为消闲,一般都是全家老小围坐一桌,共享天伦之乐。一般而言,从早上五点到中午十二点都是早茶时间。

点个传统的“一盅两件”(一盅指茶,两件指点心,虾饺、叉烧包、肠粉、奶黄包、菠萝包、榴莲酥等)广州人的美好一天就从早茶开始了。喝早茶作为一种生活方式,在整个广州省已有上百年历史。

广州人喝早茶在斟茶时,客人要用食指和中指轻叩桌面以致谢意。掀开茶壶盖表示需要加水,轻叩桌面表达谢意,这是广州早茶主客之间一种默契的沟通方式。

广州早茶 (1)

広州の「ヤムチャ」

朝ヤムチャは広州発祥の広東料理の一つで、茶を飲み、点心を食べるために茶楼に行くことの代名詞にもなっている。広州人は朝ヤムチャが大好きで朝ごはんの代わりにする人もいて、一家そろってテーブルを囲み、家庭の幸せをも同時に味わう。また暇つぶしに朝ヤムチャする人もいるくらいだ。通常、朝ヤムチャは早朝5時から昼の12時までで満席状態が続くことも珍しくない。

広州人の幸せな一日は、定番の「一杯二件」をオーダーすることで幕を開ける。「一杯」は茶を指し、「二杯」は点心を指す。海老餃子、チャーシュー饅、腸粉(生春巻きに似たもの)、カスタードクリーム饅、パイナップルパン、ドリアンパイなどが代表的だ。朝ヤムチャはライフスタイルの一つとして、広東省全域ですでに百年の歴史がある。

広州人は茶を飲んでも特にこだわっている儀礼などはない。ただ一つあるのは、茶を注がれると、人差し指と中指でテーブルを軽く叩いて、感謝を表すというマナーだ。蓋を開けて湯を足してもらい、テーブルを軽く叩いて感謝を表す。これは広州で朝ヤムチャする客と主人の言葉を使わない交流だ。