fbpx

成语「口若悬河」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【口若悬河】(kou3ruo4xuan2he2)

晋国时有个叫郭象的人,不但学识渊博,口才也很好。他发表议论时,立意新颖,讲的既深刻又生动,人们总是听得津津有味。太尉王衍十分欣赏郭象,称赞说:“郭象说起话来,就像一条倒悬着的河流,滔滔不绝,永远没有枯竭的时候。”

释义:讲起话来像瀑布倾泻。形容能言善辩,说话滔滔不绝。悬河:瀑布。

例句:在辩论竞赛上,小明口若悬河,一举驳倒了对手。

口若悬河・・・立て板に水だ。弁舌がよどみない。

物語:晋のとき、「郭象」という人がいたか、彼は学識が深いだけではなく、弁舌の才もあった。彼は論説を発表するとき、思想が斬新で、内容が深くて生き生きとしているので、人々が興味津々だった。太尉の王衍は彼の才能が気に入っていて、褒めたたえて言った「郭象が話すとき、まるで逆さまにつるす河のようだ。途切れることなく続いて、まったく枯渇しない。」

意味:話し出すと、滝が流れるよう続くこと。弁舌が淀みなく、滔々と絶え間ないことを例える。悬河:滝。

例文:弁論大会で、小明の弁舌は(口若悬河)淀みなく流暢で、一気に対戦相手をやりこめた。