汉语流行语「明明可以靠脸吃饭偏要靠才华」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

明明可以靠脸吃饭偏要靠才

今週の流行語が中国語でも有名なお笑い芸人:賈玲の言葉です。「明明可以靠脸吃饭偏要靠才华」日本の芸能人でもこんな人はいるでしょうか?

明明可以靠脸吃饭偏要靠才华

一张贾玲昔日的清秀照片被网友翻出来后,大家惊讶地发现,自嘲经常跟男生“掰腕子”的贾玲竟也曾经“女神”过! 而贾玲在微博上回应道:“我深情地演绎了:明明可以靠脸吃饭,偏偏要靠才华。”引发众多网友热议和“共鸣”。一种情况是自身颜值高,又很有才华,偏用才华突显内在;另一种情况是颜值不够,就用才华、专长等方面补充。

例如:看看以前的莱昂纳多,再看看现在的莱昂纳多,你就会懂得什么叫“明明可以靠脸吃饭,偏偏要靠才华。”

明らかに顔でご飯を食べられるのに才能でご飯を食べようとする

賈玲の昔の清楚な一枚の写真がネット民に話題にされた後、みな驚き気づいた、よく男性と「腕相撲」すると自嘲している賈玲がかつては「女神」だったと。また賈玲が微博で「私は:明らかに顔でご飯を食べられるのに才能でご飯を食べようとするのをはっきりと証明した」と答え、多くのネット民の熱い議論と「共鳴」を引き起こした。

この言葉は自身の顔面偏差値は高く、かつ才能に溢れるがあえて才能で自分の存在を示す:また別の状況として顔面偏差値が低くても、才能や他の長所で補足する、ことを意味する。

例:かつてのレオナルドと現在の彼を見ると「明らかに顔でご飯を食べられるのに才能でご飯を食べようとする」の意味がすぐに分かります。