fbpx

池袋中国語コラム 七夕节1

こんにちわ、明後日は日本の七夕ですね。中国では旧暦の日が七夕になるので今年は8月2日です。中国の七夕の物語はどんなものでしょうか?本文をご覧ください。

七夕 (3)

大家好,马上就要到日本的七夕了。你们知道吗?中国也有七夕节,可是,中国的七夕节和日本的七夕节时间不同,风俗习惯也不同呢。下面就介绍一下中国七夕节的由来和节日习俗。

みなさんこんにちは、間もなく日本の七夕がやってきますね、知ってましたか?中国にも七夕がありますが中国の七夕と日本の七夕は日時が違いますし、風俗習慣も異なります。下には中国の七夕の由来と祝日習俗の紹介があります。

七夕 (1)

很久以前,南阳城的牛家庄有个聪明,忠厚的小伙子,父母很早离开人间,他跟哥嫂一起生活,因从小放牛而得名牛郎。哥嫂一直想独霸家产,经常  虐待牛郎。牛郎长大后,哥嫂和他分家,他只得到了一辆破车和那头牛。牛郎每天辛勤劳作,和老牛相依为命。一天,王母娘娘的外孙女织女和天上的诸仙女一起下凡游玩,在老牛的帮助下,牛郎认识了美丽善良的织女,他们情投意合,结为夫妻。婚后男耕女织,夫妻恩爱,生下一男一女,生活的很幸福。冬去春来,老牛一天天变老,临死前叮嘱牛郎要把他的皮留下来,急难时披上以求帮助。老牛死去不久,牛郎织女结婚的事被玉帝,王母娘娘知道了,他们勃然大怒这对恩爱的夫妻究竟命运如何呢?敬请期待下次精彩的故事。

むかし昔のこと、南陽城の牛家庄には賢く、正直で温厚な青年がいました。父母は早くして亡くなっていたので彼は兄とその嫁と一緒に生活し、牛を放牧していたので牛郎という名前でした。兄嫁夫婦は家の財産をずっと独り占めにしたく、いつも牛郎を虐待していました。牛郎が成長した後は兄嫁夫婦と牛郎は家を分け、彼は一輌の壊れた荷車と牛を得ただけでした。牛郎は毎日一生懸命働き、牛と共に頼りあっていた。ある日、王母娘娘(玉帝の妻)の孫娘・織姫と天上の仙女たちは一緒に下界に下りて遊んでいると、牛が手助けをして牛郎と美しく善良な織姫は知り合い、意気投合し、夫婦になりました。結婚後、牛郎は畑を耕し織姫は機を織り、仲睦まじく一男一女を儲け、とても幸せな生活でした。冬が去り春が来て、牛は一日一日と年を取り、死ぬ前にぜひ私の皮を剥がして取り、危急の際には被ることによって助けとなるでしょうと牛郎へ言い聞かせた。牛が死んでほどなく、牛郎と織姫の結婚のことが玉帝と王母娘娘の知るところとなり、彼らはカンカンに怒りました。この仲睦まじい夫婦の運命はいったいどうなったのでしょう?次の話をご期待ください。

七夕 (2)