fbpx

池袋中国語コラム 中国の干支-你属什么3

こんにちわ、今日は第3回目ですね、ネズミはどんな方法を思いついたのでしょう?おもしろくなってきましたね。では本文になります。

老鼠对老牛说:“牛大哥,让我给你唱支歌吧,这样走路会轻松些。”老牛说:“好呀。”老鼠就唱了起来,可是牛什么也没听见,还问:“你怎么不唱?”老鼠说:“我在唱呢,你没听见吗?哦,可能因为我个子太小,离你的耳朵太远,你才没听见。如果我骑在你的脖子上唱,你就听得见了。”老牛说:“好主意!”于是,老鼠就爬到了牛脖子上唱起来。(之后的故事怎样呢?敬请期待明天的内容。)

ネズミは牛に「牛の兄貴、私があなたに歌を歌ってあげるよ、そうすれば道中リラックスして行けるよ」と言った。牛は「いいね」と言いました。ネズミは歌い始めましたが、牛には何も聞こえなかったので、牛はまた聞きました。「君はなんで歌わないんだい?」ネズミは「今歌っているよ、聞こえないのかい?あ~、たぶん僕が小さすぎるから、君の耳から遠すぎるんだろう、それで聞こえないんだ。もし僕が君の首の上に乗って歌えば、聞こえると思うよ」と言うと、牛は「いいアイデアだ」と言いました。そこでネズミは牛の首まで登って歌いだしました。(この後はどうなったでしょう?明日の内容にご期待ください。)

 

老鼠和牛