fbpx

池袋中国語コラム 中国各省名字的由来

中国の都市紹介シリーズが続いていますが今日からは各省の名前の由来を紹介していきます。長い歴史の中でそれぞれの都市は名前が変わり、また古代の呼び方がまだ残っているところもあります。では第一回をどうぞ。

1 北京:
战国时期称蓟,是「战国七雄」之一燕国的京城。辽国称燕京。金国改称京都。元朝称大都。明朝朱元璋改称北平,永乐帝朱棣改北平为北京。简称京。
2 天津:
明朝,燕王为争夺皇帝位,在这里发兵渡河南下,打败他的侄子明惠帝而篡了位。为纪念在这里渡河起兵,所以称「天津」,意即天子经过的渡口,简称津。

北京

北京天安門

1北京:

戦国時代には薊と呼ばれ、「戦国の七雄」の一つ燕国の首都だった。遼国では燕京と呼ばれた。金国では京都と改称された。元朝では大都と呼ばれた。明朝の朱元璋は北平と改称し、永楽帝・朱棣は北平を北京とした。略称は京。

2天津

明朝、燕王は帝位を争奪しようと、ここから兵を発し黄河を渡り南下し、彼の甥の明恵帝を打ち負かし帝位を簒奪した。ここで渡河し兵を起こしたことを記念して、「天津」と呼ばれ、意味は即ち天子が通った渡し口ということで、略称は津。

天津

天津妈姐像