fbpx

池袋中国語コラム 中秋节1

こんにちわ、来週の月曜日9/8は旧暦の中秋節になります。日本でもお馴染みの中秋は満月が一年で一番大きく、月を愛でる日とされています。月が丸い=家族円満にかけ、家族そろって月餅を食べ、食事をします。今日から五日間中国の中秋節について紹介していきます。

中秋节的由来

“明月千里寄相思”。从古至今,人们在中秋夜尽情赏月之际,都会情不自禁地想念远游在外,客居异乡的亲人。下面就让我们共同了解一下中秋节吧!

中秋節

「月の光が千里の道のりも思いを届ける」。古代から現在に至るまで、人々は中秋の夜に思う存分月見を楽しむ際、みな思わず遠く離れたところ、異郷で暮らす家族を想う。これから中秋節について一緒に理解しましょう。

相传远古时代,天上有十个太阳,晒得庄稼枯死,百姓无法生活下去。有一个力大无比的青年叫后羿。他同情受苦的百姓,登上昆仑山顶,运足神力,拉开神弓,一口气射下九个太阳,并严令最后一个太阳按时起落,为民造福。后羿因此受到百姓的尊敬和爱戴,很多人都来拜后羿为师,为人奸诈贪婪的逄蒙也投在后羿的门下。后羿的妻子嫦娥美丽善良,经常接济生活困难的老百姓。一天,西王母给了后羿一颗仙药,说吃此药可长生不老,升天成仙。但是这件事情让逄蒙知道了。以后的事情会怎么样呢?敬请期待下次的介绍。

中秋節由来1

伝説によると大昔、空には10個の太陽があったので、農作物を焼きつくし、百姓たちは生きていくすべがなかった。ある比べるものがないほどの怪力の青年がおり、名を「后羿」といった。彼は苦しむ百姓たちに同情し、崑崙山に登り、力を全身にみなぎらせ、神弓を引き、一気に9つの太陽を撃ち落とした。そして民衆を幸せにするために最後の一つの太陽に時間通りに上り下りするよう厳しく命じた。后羿はこのことから百姓たちの尊敬と敬愛を受け、多くの人がやってきて后羿に師事し、腹黒く貪欲な逄蒙も后羿の門下に投じた。后羿の妻・嫦娥は美しく善良で、いつも生活困難な百姓たちを援助していた。ある日、西王母は一粒の仙薬を后羿に渡し、この薬を飲むと不老長寿になり、天に昇り仙人になれると言いました。しかし、このことは逄蒙も知るところとなった。今後の展開はどうなるのでしょう?次回にご期待ください。