fbpx

池袋中国語コラム 中秋节2

中秋節の物語、第2回目になります。逄蒙は何を企んだのでしょう?后羿と嫦娥の運命はどうなったのでしょう?では続きをどうぞ!

中秋节的由来

王母娘娘给了后羿一颗仙药的事让逄蒙知道了,他一心想把仙药弄到手。农历八月十五清晨,大家都出门了,逄蒙假装生病留了下来。夜晚,逄蒙闯入后羿家中,威逼嫦娥交出药来。嫦娥不肯,他便翻箱倒柜,到处寻找。嫦娥为了不让逄蒙这样的人危害人间,就把仙药一口吞了下去,飘飘悠悠地飞向了月亮。后羿回家后不见妻子,仰望着星空呼唤嫦娥的名字,却看到妻子正站在月亮上深情地凝望着自己。他拼命朝月亮追去,可是无论怎样也追不到。乡亲们为了纪念好心的嫦娥,便摆上他平日爱吃的食品,遥遥地为她祝福。从此以后,每年八月十五,就成了人们企盼团圆的中秋佳节。

嫦娥奔月

王母娘娘(西王母)が后羿に一粒の仙薬を与えたことは逄蒙の知るところとなり、彼は何としても仙薬を手にしたいと思いました。旧暦の八月十五日朝方、みんなが外出する際に、逄蒙は病気だと偽って家に留まりました。夜遅く、逄蒙は后羿の家の中に侵入し、嫦娥に仙薬を出すよう脅しました。嫦娥は拒否しましたが、彼はそこら中の箱と引き出しをひっくり返し、あらゆるところを探しました。嫦娥は逄蒙のような人には他人に危害を加えさせないために、仙薬を一口で飲み込むと、ヒラヒラと月に向かって飛び上がっていきました。后羿は家に帰ると妻の姿が見えないので、星空を仰ぎ見て嫦娥の名前を呼ぶと、月の上から情愛深くじっと自分を見ている妻を見つけました。彼は命がけで月を追いましたが、しかしどのようにしても追いつくことができなかった。同郷の仲間たちは嫦娥を記念するため、彼女が普段から好きだった食べ物を並べ、はるか遠くから彼女を祝福しました。ここから、毎年八月十五日は人々が団らんして中秋を祝うようになった。