fbpx

池袋中国語コラム 北京2

北京の歴史第2回です。今日は北京のその始まりから見ていきますが、紀元前、周代からその存在は確認され、3000年以上の歴史がある都市だと言えます。

公元前221年,秦始皇统一中国之后,蓟城一直是北方的贸易中心,也是军事重镇。到了唐代,这里改名为幽州,已经发展成为具有一定规模的城市了。但是那个时候,北京还没有成为都城。最早在北京建都,是辽,金时代的事情。到了元代,又在金代中都城的东北郊外,另建了新城,称为大都。大都之后的发展情况怎么样呢?请期待下回分解。

薊城記念碑

紀元前221年、秦の始皇帝が中国を統一した後、薊城はずっと北方の貿易の中心で、軍事の要衝であった。唐代になって、そこは幽州と名前を変え、一定の規模を備えた都市へと発展していた。しかし、その時、北京はまだ首都ではなかった。北京に都を置いたのは最も早くは遼、金の時代のことだった。元代になると、金代の都城の東北郊外に別の新城を建て、大都と呼んだ。大都以降の発展状況はどのようになっているのでしょうか?次回の解説をお待ちください。