fbpx

池袋中国語コラム 北京8

今日の内容は「南面而王」、日本の古代の都もこの思想を受け継いでいます。北京の紹介は今日で終わりです、中国の都市シリーズもひとまず今日が最後で次回からはまた違うテーマをご紹介していきますので。

北京城的另一个特点就是,中轴线上分布着许多重要的古代建筑物和景点,像有名的钟鼓楼,景山公园,故宫,前门什么的,他们都是背靠北,面朝南,这种建筑物坐北朝南的现象,体现了古人“南面而王”的传统思想。从考古发现来看,中国中原地区自古以来的宫殿建筑就是面向正南方的,后来一直把这种习惯延续下去了,所以人们心中也形成了南面而王的思想。怎么样?你对北京的历史和地理略有了一些了解吗?

面向正南方

北京のその他の特徴として、中央線上に分布する多くの重要な古代建造物と観光地、有名な鐘鼓楼、景山公園、故宮、前門など、それらはみな北を背にし、南向きで、これらの建造物が北から南に向かっている現象は、古代人の「南面而王」の伝統思想を体現している。考古学の発見から見ても、中国中原地区の古代からの宮殿建築はまさに真南向きであり、その後、ずっとこの習慣は引き継がれ、そのため人々の心の中にも「南面而王」の思想が形成されていった。どうですか?あなたの北京の歴史と地理はいくらか理解ができましたでしょうか?