fbpx

池袋中国語コラム 万里の長城-孟姜女的故事

 

你好、今日は昨日の万里の長城に絡めて、中国の故事を紹介したいと思います。やや長いので5回に分けてお届けします。今日は始めの部分なので長城と何が関係あるの?と思われるかもしれませんが最後までお読みいただけると長城を理解するのに納得できるのではと思います。では「孟姜女的故事」を始めます。

孟姜女的故事

    从前,陕西同官县有一户姓姜的人家种了一架葫芦,架上有一枝蔓爬到了邻居孟员外家的院子里,结了一个挺好看的大葫芦。两家都想要这个葫芦,哪知道用刀把葫芦一切开,从里面跳出来一个漂亮的小姑娘。给孩子起个什么名字呢?两家人一合计,觉得这是两家共同的后代,就决定给孩子起名叫孟姜女。

むかしむかし、隴西省同官県に姜という姓の家があり瓢箪を植えていた。その蔓は成長し隣の家の孟員外の家の庭まで伸びていましたが、その先でとても大きく素晴らしい瓢箪が実っていました。両方の家はどちらもこの瓢箪をほしがったので、包丁を持ってきてその瓢箪を割ると、意外にも中から一人の美しい娘が出てきました。この子に何と名前をつけてあげようか?両家の人々は一考し、この両家共同の子孫として、孟姜女と名付けました。

孟姜女