fbpx

池袋中国語コラム 万里の長城-孟姜女的故事2

今日は孟姜女故事の2回目ですね。瓢箪から出てくるとはかぐや姫みたいですけど、この後どうなったのでしょうか?では続きです。

 

一晃十几年过去了,孟姜女长成一个聪明漂亮的大姑娘,当时,秦始皇正在到处抓壮丁修建长城。苏州有个书生叫范杞梁,他听说秦始皇到处抓人做工,心里非常害怕,就更名改姓,急忙外出逃生。这天晚上,范杞梁逃到孟员外家的后花园,正好赶上孟姜女带着丫鬟在乘凉。她看到树后藏着一个人,叫出来一看,是个年轻的书生,品貌出众,心中就产生了几分爱意。后来听了范杞梁详细的叙述,对他更加怜惜。于是,孟姜女来到孟员外跟前,一五一十地说了事情的全部经过。孟员外就让范杞梁做了上门女婿。

またたく間に十数年が過ぎ、孟姜女は賢く美しい娘へと成長しました。当時、秦の始皇帝がいたる所で年頃の男たちを捕まえ、長城の修理をさせていました。蘇州に範杞梁という書生がおり、彼は始皇帝がいたる所で人を捕え無理やりに働かせていると聞き、内心とても恐ろしくなり、名前を変え逃げようとしました。この夜、範杞梁は孟員外の裏庭に逃げ着き、孟姜女が女中と一緒に涼んでいるところにばったりと出くわしました。彼女は木の後ろに隠れる範杞梁に出てくるように言うと若い書生で容貌が優れているので、一目見るやいなや好意を抱きました。その後、範杞梁の詳しい話を聞くとさらに可哀そうに思い、そして孟員外の前に行き、一部始終を話しました。孟員外は範杞梁を娘婿とすることを決めました。