fbpx

池袋中国語コラム 万里の長城-孟姜女的故事3

孟姜女故事の3回目です。万里の長城がまだ出てきませんが今回から話が進んでいきます。では今日の分も見てみましょう。

 

但是过了不久,范杞梁就被人发现了,县官下令让他去修长城。 范杞梁被抓走后,孟姜女非常思念丈夫,她天天盼着丈夫回来,可是一点儿范杞梁的消息也没有,她心里十分痛苦。春去秋来,转眼就到了十一月。天气越来越冷,孟姜女想到丈夫走时还穿着单衣,很为他担心,就决定去给丈夫送冬天的衣服。她告别了家人,向北方走去。她不清楚丈夫在哪儿,只知道是在北方。她想只要方向不错,就一定能走到丈夫修长城的地方。

 

しかし、長いことなく範杞梁は人に見つかってしまい、県の役人から長城の修理に行くよう命令が下りました。範杞梁が捕まり連れて行かれてから、孟姜女は夫のことを非常に心配し、夫が帰ってくることを毎日待ち望んだが、範杞梁の消息は少しも分からず、彼女はとても苦しみました。春が過ぎ秋が来て、またたく間に11月になりました。気候はますます寒くなり、孟姜女は夫が連れて行かれた時、薄着であったため非常に心配し、夫に冬用の服を届けることを決めました。彼女は家族に別れを告げ、北へ向かって行きました。彼女は夫がどこにいるのか定かでなく、ただ北の方にいるということだけ知っていました。彼女は方向さえ間違っていなければ、必ず夫が修理する長城にたどり着けると思いました。

始皇帝長城工事