fbpx

池袋中国語コラム “就”和“才”

こんにちわ、先日は年末忘年会おつかれさまでした。今日から12月、今年も残すところ1ヵ月となりました。年末に近づき忙しくなっている方も多いと思いますが、頑張っていきましょう!今日の話題は質問の多い“就”和“才”についてです。今日明日の2回で説明します。

“就”和“才”

時間副詞と語気副詞の“就”と“才”は正反対の意味があり、その区別を覚えましょう!

時間副詞の“就”和“才”

 :「すでに」「もう」「とっくに」

:「やっと」「ようやく」

  いつも行われる動作、或いは過去に行われた動作が、通常より早い時期に実現する、或いは実現したことを示すために、動詞の前に“”を置きます。日本語の「すでに」「もう」「とっくに」に当たります。

その反対に通常より遅い時期に実現することは“”を使い、日本語の「やっと」「ようやく」に当たります。

例句:(1)八点上课,他每天七点到了。

(2)八点上课,他每天九点来。

(3)坐飞机两个小时(   )到了。

(4)坐船五十个小时(   )能到。

 

時間的に早いことと遅いことを表す“就”と“才”の前には、時間、年齢の他に数量を表す語句も置けます。また、“就”を使う時には、動詞の後によくを置きます。

“才”を使う時には、普通、動詞の後に“了”は使えません。

例句:(1)老师讲了一遍他明白了。

(2)老师讲了三遍我明白。

(3)我吃了一个包子(   )饱了,他吃了5个包子(    )饱。

答えは明日発表します!!