fbpx

池袋中国語コラム “就”和“才”2

こんにちわ、今日は昨日に引き続き、“就”和“才”ですね。これが会話の中でうまく使えると、「中国人のように話す」に一歩近づけると思います!

語気助詞の“就”和“才”

 “就”:「」「こそが

“才”:「Aではなく、Bこそ正しいのである」

  あるものを相手に強調して示したい時に、「あれが…ですよ」というニュアンスを含める場合、“就”を使います。

例句:(1)那是我家。

(2)明天是你的生日了。

以上の例文は“就”がない場合は普通の陳述文です。“就”があると、強調の語気が表れます。

一方、“才”も強調の語気を表しますが、必ず、あるものを否定してから、正しいものを強調して示す時に使われます。

例句:(1)这儿不是我家,旁边那个红色的房子是我家。

(2)明天不是我的生日,后天是我的生日。

(3)这张桌子(   )是你的办公桌。

(4)这张办公桌不是你的,旁边那张(   )是你的。

 

昨日の答え

(3)坐飞机两个小时(就)到了。

(4)坐船五十个小时(才)能到。

(3)我吃了一个包子(就)饱了,他吃了5个包子(才 )饱。