fbpx

池袋中国語コラム 成語-一鸣惊人

こんにちわ、成語紹介まだまだいきますよ。第三回は「一鸣惊人」ですね。こんな人になってみたいものです。

一鸣惊人

战国时,齐国的威王继承王位已经三年了,他整天在宫里喝酒作乐,从来不管也不问国家大事,朝政一片混乱,邻国常常来侵略。眼看国家就要灭亡了,大臣们都很着急,但是又不敢直接批评齐威王。这时,有个喜欢说笑话的大臣,叫淳于髡,他想了一个办法。一天,上早朝的时候,淳于髡对齐威王说:“有一个谜语,我和许多人都猜不着,大王您最聪明,能猜猜吗?”齐威王说:“可以。”淳于髡说:“听说齐国有一只大鸟,就住在王宫里,一住三年,不飞也不叫,大王您知道这是什么鸟吗?”齐威王心里明白淳于髡是在说他,就笑着说:“此鸟不飞则已,一飞冲天,不鸣则已,一鸣惊人。”从此以后,齐威王开始亲自管理国家,发展生产和军队,还率领军队打败入侵的魏国军队。其他的国家看到齐国的变化,都很震惊,纷纷归还了以前侵占的齐国土地。齐国成为当时最强大的国家之一。后来,人们常以“一鸣惊人”这个成语比喻平时默默无闻,突然间就做出了惊人的成绩。

 

戦国時代の時、斉国の威王は王位を継いで三年経っていたが、彼は朝から晩まで宮廷で酒を飲んで遊び、これまで国家の大事について質問したことがないだけでなく、朝政は混乱し、隣国に常に侵略されていました。国がまさに滅亡しそうになったので大臣たちはみな慌てたが、あえてまた直接威王を批判しようとしなかった。この時、淳于髡という冗談の好きな大臣が一つの方法を考えました。ある日の早朝、淳于髡は威王に向かって言いました。「一つ謎かけがあるのですが、私とその他多くの人は解くことができません、大王あなたは最も賢いので解いてもらえませんか?」斉の威王は「よろしい」と言いました。淳于髡は「聞くところによると斉国には一匹の大鳥がいて王宮に住んでいるが、三年住んでいるのに一回も飛ばず鳴かないのです。大王これがどんな鳥だか分かりますか?」斉の威王は心の中で淳于髡が何を言いたいかが分かり、笑いながら言った。「この鳥は飛べないのではなく、一度飛べば空高く舞い上がり、鳴かないのではなく、一度鳴けば人々を驚嘆させるだろう」この時から斉の威王は自ら国を管理し始め、生産力と軍事を強化させ、軍を率いて侵入していた魏国の軍隊を追い払った。他の国々は斉国の変化を見てとり、みな震え上がり、かつて斉の国土だった土地から散散と逃げ帰っていった。斉国は当時の最強国家の一つとなりました。それ以後人々は「一鳴惊人」この成語を普段は何も言わず黙っているが、突然人を驚かす結果を残す人を例えて言うようになりました。

 

一鸣惊人