fbpx

池袋中国語コラム 海豚也会照镜子-イルカの自我意識

こんにちわ、今日も中国語の文章を紹介します。夏休みで水族館に行かれる方もいるかと思いますが今日の主役は「イルカ」です。可愛らしいイルカのいったいどんな情報なのでしょうか?では本文をご覧ください。

海豚也会照镜子

“自我意识”,简单地说,就是知道“我”是谁。这是人类区别于其他动物的重要标志之一。“自我意识”代表的是大脑聪明程度的高低。目前,科学家们已经发现,除了人类之外,只有大猩猩等动物才具有“自我意识”。小孩子刚刚出生时,还没有“自我意识”,一般要长大到一岁半时,才能认出镜子里自己的形象,“自我意识”才开始生成。科学家们发现,海豚具有“自我意识”,这并不让人感到惊奇。这是因为,海豚大脑的记忆力很高,只比我们人类差一点儿,而且它还有我们人类没有的,特别先进的声纳系统。另外,它们喜欢一大群在一起生活。还有,海豚的社会结构也十分复杂。为了证明海豚是不是具有“自我意识”(也就是证明,它在面对镜子时,能不能认出镜子里看到的就是自己),一所大学的动物学家们,设计了一种特别的方法:用一种颜色涂抹在海豚身上,然后让它照镜子—–他们发现,海豚一次又一次游到镜子前,不断地转动身体,并且通过镜子,仔细看自己身体上的颜色标志。显然,海豚具有“自我意识”。这一新发现,让大脑研究又前进了一大步。但是,让科学家们解释不清楚的是:在许多动物当中,为什么只有海豚的大脑这样发达呢?看来,研究还没有结束。

海豚

 

「自我意識」を簡単に言うと、「自分」が誰かということを知っていることである。これは人類とその他の動物を区別する重要な指標の一つである。「自我意識」が表すのは大脳の賢さの程度の高低である。目下、科学家たちはすでに人類以外に、チンパンジーなどの動物のみが「自我意識」を備えていると発見している。子どもは生まれたばかりの時にはまだ「自我意識」はないが、一般的に一歳半まで成長したときに、鏡の中に自己の形を見出すことができ、「自我意識」が生成され始める。科学者たちはイルカに「自我意識」があることを発見し、このことはとても不思議に思われた。これはイルカの大脳の記憶力がとても高く、我々人類と比べてもほとんど差がないだけでなく、なおかつイルカは我々人類が持っていない、特別で発達したソナー系統を備えている。これ以外にイルカは大きな群れで一緒に生活するのを好む。また、イルカの社会構成は非常に複雑である。イルカが「自我意識」を備えているのではないかということを証明するために(イルカを鏡の前に対峙させ鏡の中の自分を見つけることができるかの証明)、ある大学の動物学者たちが、一つの特別な方法を用意した:それはある色をイルカの体に塗りつけ、その後イルカに鏡を見せた。—-すると彼らは一度、また一度と体を回転させ続け、その上鏡を通して子細に自分の体の色表示を見たのだった。明らかにイルカは「自我意識」を持っていた。この新しい発見は大脳研究をまた大きく一歩前進させた。しかし、科学者たちがはっきりと理解することができないのには:多くの動物の中で、なぜイルカの大脳のみこんなにも発達したのだろうということだった。見たところ、研究はまだ終わっていなさそうだ。