fbpx

池袋中国語コラム 漢字の来歴6

漢字の来歴も残すところあと2回です。漢字の作られ方には大きく分けて4種類ありますが、今日明日で漢字の構成について学んでいきます。では本文をどうぞ。

汉字的结构

今天开始向大家介绍汉字的四种造字方法。第一种造字方法是象形字,像日,月,木,刀。它们也都是独体字,所以有独体象形的说法。

今日からみなさんに漢字の四種類の作られ方を紹介していきます。一つ目の方法は象形字で、日,月,木,刀などがあります。それらは全て独立した字で、そのため単体でモノの形を表現しています。

象形文字

 

第二种是指事字,是用在独体字基础上添加符号的方法创造出来的字。例如本,刃,分别在木,刀上添加了“一”和“丶”来表达新的意思。

第二に指事字があります。独体字を基に符号を加えることによって作られた字です。例えば本、刀などがあり、木、刀の上に「一」と「丶」を加えて新しい意味を表現しています。

指事文字

第三种是会意字,这些字意思复杂,无法用图画来表示,因此会合两个或两个以上的字,组成新字以表达新的意思,如“日”“月”会合为“明”,“大”“小”会合为“尖”,“不”“正”会合为“歪”,两个“木”会合为“林”等等。

第三は会意字です。これらの字は意味が複雑で、図画で表す方法がなく、そのため二つもしくは二つ以上の字を組み合わせ、新しい意味を作ることで新しい字を作ります。例えば「日」「月」を合わせて「明」、「大」「小」を合わせて「尖」、「不」「正」を合わせて「歪」、二つの「木」を合わせて「林」などがあります。

会意文字