fbpx

池袋中国語コラム 自転車文化

こんにちわ、水素自動車が今年度から販売開始されたり、環境に対する意識は重要ですよね。私たちの身の回りでも自転車で移動することは簡単で安くかつ健康的で特に都心では渋滞も関係なくとても便利で重宝されています。今日の記事は中国の自転車文化という内容ですが経済発展が進み、車の保有率が爆発的に高まっている中国はかつては自転車大国でした。そんな自転車の优点はたくさんあり、自転車文化をまた広げていきたいという内容になっております。私も自転車で通勤していますw

自行车文化

武汉将成为中国第一个拥有自行车专用道的大城市。武汉市计划花5536万元建设自行车专用道112条,总长度164.6公里,同时,新建464个公共自行车停车场。据统计,武汉主要城区有自行车110多万辆,电动自行车50多万辆,每天骑自行车出行的有300万人次,占20.2%的交通量,大大高于其他城市。随着自行车专用道的建成使用,骑车将更加安全,出行会更方便,快捷。这让我想起另一则新闻。北欧的丹麦,全国500万人口,拥有400多万辆自行车,首都哥本哈根60%的市民每天骑自行车出行。哥本哈根用了20多年时间,修建了总长度300多公里的自行车专用道,其中,市中心到火车站的自行车快速道,没有一个红灯,每天3万多骑车人,通过这条快速道上下班。为了骑车人安全,政府不允许汽车进入自行车专用道。同时,公务员会使用公务自行车,到同城内办公事,尽可能减少汽车的使用。中国曾是自行车王国,但正在走西方的老路,城市交通几乎都以汽车为主,很多人不愿意骑自行车了。其实,骑自行车没有污染,是绿色文化;骑车可以健身,是体育文化;骑车省钱,是经济文化;自行车比汽车历史悠久,更是传统文化。武汉自行车

自転車文化

武漢は中国第一の自転車専門道を有する大都市となります。武漢市は5536万元を出費し、自転車専門道112本、総長164.6kmを建設する計画をし、同じく464箇所の公共自転車停車場を新設します。統計によると、武漢の主要地区では110万超の自転車があり、電動自転車は50万超、毎日自転車に乗って外出する人はのべ300万人を超え、交通量の20.2%を占め、他の都市よりもはるかに大きい。自転車専用道の建設と使用に連れて、自転車に乗ることはさらに安全で、外出はもっと便利で早くなる。このことは私に別の新聞記事を思い起こさせる。それは北欧のデンマークでは全国で500万人の人口で、400万超の自転車を所有し、首都コペンハーゲンでは60%の市民が毎日自転車で外出する。コペンハーゲンでは20数年かけて総長300km超の自転車専用道を修繕し、その中でも市の中心から駅までの自転車快速道では一つの赤信号もなく、毎日3万人が自転車に乗り、この道を通って出退勤する。自転車の安全のために、政府は車が自転車専用道に入るのを認めていない。同じく、公務員は公用の自転車を使い、同地区内で公務を行う際、できる限り車の使用を減らしている。中国はかつて自転車王国だったが欧米での古いやり方をたどっている。街ではほぼ車に乗ることが主流となっており、多くの人が自転車に乗りたくなくなった。実際は自転車は環境汚染もなく、エコ文化であり;自転車は健康な体を作り、体育文化であり;お金の節約にもなり、経済文化で;自転車の歴史は車より長く、これこそ伝統文化である。