fbpx

池袋校 年末作文発表(並木小姐)

発表者:並木小姐

レベル:中高級

(中国語) 今年最感动的事

大家都知道“漂流邮局”吗?

即使没收到也想送到的怀念,比如说“不知不觉地丢了的娃娃”“快要出生的宝宝”“已经去世的爷爷”听说在濑户内海上漂浮的小岛里有把这个怀念接受的邮局。

谁都不是有想送到漂流邮局的无法用语言表达的怀念吗?

我在电视节目上看到漂流邮局的时候,我父母还活着,可是就想到我父母的脸。

几年前,表姐的妈妈去世了。她生前的时候,她跟表姐经常吵架了。可是那天,表姐一边说“我有很多还没说的事”,一边搂住着哭了。然后对我说“你父母还健在,还精神,现在你应该好好儿告诉他们自己的心情。”我的心跳一顿!小的时候,我不听父母的话。尽管我以为自己一个人长大,每次采取对抗的态度,可是仍然我父母温暖地照料我,不断地倾注爱情和信赖。现在我当上母亲,回想父母的心情,我想早点儿向父母好好地认错,表示谢意。不过我因为面对面说是害羞,所以拖得太久,还没告诉他们。

今年暑假,我家的丈夫,小学四年级的儿子,我和我的父母,一共五个人,因为条件重重,我们第一次一起能到北海道去一个星期的旅游了。我父母都是来自北海道的。祖父母和外祖父母都已经去世了,不过不少的兄姐还在北海道过生活。

我喜欢做旅行计划,为的是想看由于经验从来没有经验的体验,既大吃一惊的样子,又感到喜悦的脸。 我父母很长时间住在北海道,为了让父母感动,我做什么计划才好呢?北海道很广,因此移动费时间。我想了想,又不累,又不腻,花恰好盛开,容易见到野生动物的地方和时间呢?可能有跟亲戚们好多话要说。我花一个月以上定了竭尽全力的旅行计划。我希望报答父母的养育之恩。

在旅游之中,我们能纵览360度的风景的开阳台,一片盛开的葵花田,知床岬(jia3)等等看到辽阔的壮观景色欢呼了。还有野生动物呢,我们不但遇见了鹿和狐狸,而且遇见了大熊,海豹(hai3bao4)和海豚。尤其使我们深受感动的是鲤鱼跳龙门。即使没有成功也把3.7米的瀑布好几次挑战溯流而上。那个给我们勇气。

在温泉洗澡时,我儿子给老爷搓背,我给妈妈搓背,每晚大家一起一边喝酒,一边谈笑。

我父母在高中时代认识的。他们属于同一个小组,大家一起爬大雪山的时候求婚了。我小时候听了好多次我父亲创作那时候的回忆歌曲。这个我父母追怀的地方,就是大雪山,我们连大雪山也爬了。在这个地方,他们俩跟他们女儿的我和丈夫,甚至孙子一起站着,我不禁感到到现在一直连续我家的历史。

我回家后,整理很多照片,做了纪念册。我送给我父母这个纪念册附加谢意。

我很高兴,为了没有后悔,帮漂流邮局的忙之前,跟父母见面能表示谢意。

我父母也非常开心地说,这次旅游是难忘的最好的。

我觉得才会一些孝顺父母了。

还有我感谢我老公,这次带着这么好的旅游。

这是我今年最感动的事情。谢谢。

 

【日语翻译】  今年最も感動した事

皆さんは「漂流郵便局」を知っていますか?

届かなくても語りかけたい思いを受け止めてくれる、例えば「いつか失くした人形」「もうすぐ生まれてくる子供」「亡くなったおじいちゃん」そんな郵便局が瀬戸内海に浮かぶ小さな島にあるそうです。

人は誰しも、漂流郵便局へ送りたい、上手く相手に伝えられない思いを持っているものではないでしょうか。

TVで漂流郵便局の事を知った時、私は真っ先に両親の顔が頭に浮かびました。

数年前、従姉妹の母親が亡くなりました。生前二人は喧嘩ばかりしていました。けれどもその日、従姉妹はまだ伝えていない言葉がたくさんある、と、すがりついて泣いていました。そして、私に、生きて元気なうちに自分の気持ちをちゃんと伝えるんだよ、と言いいました。心がドキンと大きく動いた気がしました。小さい時は、1人で大きくなったような顔をして、反抗ばかりしていました。両親はそんな私を暖かく受け止め、常に愛情と信頼を持って接してくれました。自分が親となり、両親の事を思うと、いつかきちんと謝って感謝の言葉を伝えたいと思うけれど、面と向かっては恥ずかしくて、先へ先へと延ばしてしまい、今まで来てしまいました。

今年の夏休み、色々な条件が重なって、初めて、私の家族、主人と小学四年生の息子、そして私の両親と共に5人で一週間の北海道旅行へ行ける事になりました。

北海道は両親の出身地です。祖父母は亡くなりましたが、兄弟達のほとんどが、まだ北海道で暮らしています。

私は旅行を計画するのが好きです。普段出来ない体験を盛り込んで、相手が驚いたり喜ぶ顔を見たいからです。長年北海道で暮らしていた両親を感動させるためには、どんなイベントを仕込むか、北海道は広いので、移動にも時間がかかります。疲れさせず、飽きさせず、花はタイミング良く満開で、動物達に会いやすい場所や時間帯は?親戚達とも積もる話があるでしょう。1ヶ月以上かけて、精一杯旅行の計画を立てました。

今までお世話になった両親へ、感謝の気持ちです。

旅行では、360度景色を見渡せる開陽台や、一面のひまわり畑、知床岬などなど、果てしなく広がる壮大な景色に感動の声をあげ、野生動物では鹿や狐だけでなく、熊やアザラシ、イルカに出会いました。特に、3.7mの滝を失敗しても失敗しても、次々にチャレンジし続けるサクラマスの遡上には心を打たれました。

毎晩、温泉で息子がお爺ちゃんを、私は母の背中を流し、夜は皆でお酒を酌み交わしながら談笑しました。

北海道は両親の出身地です。両親は高校の時に知り合い、同じサークルに所属し、大雪山でプロポーズしたそうです。父はその時の思い出を歌にして、私が子供の頃、何度も歌って聞かせてくれました。その2人の思い出の地、大雪山にも登りました。その場所に、今は2人の娘である私と夫、そして孫と一緒に立っているなんて、歴史が流れ今に続いている事を感じずにはいられませんでした。

戻ってからは、沢山の写真を整理してアルバムを作り、今までの感謝の言葉とともにプレゼントしました。

後悔しないよう、漂流郵便局のお世話になる前に、ちゃんと会って、言葉を伝えられて良かったです。

思い出深い最高の旅行だったと、両親もとても喜んでくれました。

やっと、少しだけ親孝行が出来たと思います。

こんな旅行に連れて行ってくれた主人に心から感謝します。

これが、私が今年一番感動した事です。

ご静聴ありがとうございました。