fbpx

池袋校 2015年末作文発表(真柄先生)

発表者:真柄先生

レベル:初級

(中国語)

「今年我最开心的事」

 

我今年最开心的事是,和中国人做了朋友。

时隔三年遇到了中国药品公司的人。我会说的汉语比以前多了。不过、吃饭的时候、我

尽量说了简单的话、对方还是听不懂、我很头疼。这个时候、我说了“在家靠父母、出门靠

朋友″ 这句话、他们听懂了。我问同一桌的人、我们是朋友了吗?他们说是朋友!我感到

非常开心。

我第一次去中国的时候、中国公司的人虽然听懂了我说的简单的向候、但是在酒席上、

他们要求我说几句的时候、我说“祝大家身体健康、工作顺利、干杯!″

这句话大家完全听不懂、写在纸上给大家看、大家オ理解。

交渉工作内容绝対不能产生误解、只能依靠口译、但是吃饭的时候我希望能让对方多听

懂一些、所以下决心学习汉语。

以前我完全不知道自己的发音好不好、但是我现在一点点开始明白老师和別人发音的不同点。

不过、我还不明白自己的发音哪里不好、不好的地方有没有改正。老师说,゛你的发音变好了,如果更努力学习,能听懂更多。″ 我想今后继续努力,多说多写,学得更好。请同学和老师陪伴我一起成长。

(日本語)

「今年一番楽しかったこと」

私が今年最も幸せだったことは、中国の方々と友達になれたことです。

中国の製薬会社の人と知り合って3年後、私は以前よりも中国を話せるようになりました。しかし、食事の際に一生懸命簡単な話を話しても相手には殆ど分かってもらえませんでした。困って、覚えていた「家では父母、外では友人」というフレーズは通じ、その際に円卓の人達に「私の友人となってくれますか」と聞いた際に、皆がハイと言って頂けたので、大変うれしく思いました。

私が最初に中国に行った時、中国の薬品会社の人に何か簡単な挨拶を求められ、 “皆様の健康と仕事の成功に、乾杯!」と言いましたが、全く理解されず紙に書いたものを見せて、やっと皆に理解されました。

仕事の交渉等の話は相手に誤解を生じるといけないので、通訳を通して話すのは仕方が無いのとしても、食事際の会話の内容を少しでも分かってほしいと思ったのが、中国語を勉強しようと思ったきっかけです。

以前は自分の発音の何が悪いのか、わかりませんでしたが、少しずつ先生と他人の発音の違いが分かり始めました。先生が「あなたの発音は良くなってきました。もっと努力して勉強すれば、もっと理解されるでしょう」と言われました。

もっとたくさん書いたり話したりして、もう少し上手になりたいと考えていますので、同級生と先生方には今後とも温かい目で見守ってほしいと思います。