資格向けコラム-中国語検定試験

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、HSK、中検など中国語資格習得にチャレンジしたい方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国語検定試験】

日本中国語検定協会が実施している中国語の学習効果を客観的に測るための検定試験で略して「中検」と呼ばれます。準4級・4級・3級・2級・準1級・1級と6段階に分かれ、それぞれの級について合否判定で試験の結果が出ます。HSKと中検の違いをよく質問されますが、HSKは中国国家漢弁主催で世界的に行われる中国語能力試験で英語のTOEICとTOEFLに相当します。中検は日本の中国語検定協会が主催となり、主に日本国内と一部中国で行われる試験で英検に相当します。

試験は年3回実施され、毎年の3月6月11月の第4日曜日となります。年間で約3万人ほどの受験者がいるため一回あたり1万人ほどが参加する盛大な試験となります。準1級と1級試験は筆記試験合格者のみ2次面接試験もあり、こちらに合格するとまさに中国語の超上級者と言えます。特に1級試験は中国人ですら難しいと言われる試験なので、毎年1回11月のみに開催され200人ほどが参加しますが合格率3%前後で合格者は20人ほどという最難関の試験となります。HSKは応用力を重視する試験であり、中検は翻訳、通訳を目指す方に近い内容であるため、総じて中検の方が難易度の高い試験になっています。中検協会HPから過去問題も無料でDLできますし、イーチャイナのBitexサイトスマチュには中検に特化した内容もありますのでぜひ試してみてください。一般的に中検3級から履歴書に書ける中国語資格と言われるため、ぜひご自分の成長を測る物差しとして受験してみてください!

 

お勧めレッスン: 資格対策講座