fbpx

赴任向けコラム-中国饮食文化

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任の方、中国出張が多い方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国饮食文化】
(zhōng guó yǐn shí wén huà)

中国に赴任するとき、中国の食事マナーや中国人が好きな料理、苦手な料理などの豆知識をご存知ですか?

中華料理は「世界三大料理」の一つです。「民は食をもって天と為す」ということわざがあるように、日常会話でも「吃饭了吗?」(「ご飯食べた?」)と挨拶のように聞くことでも、中国人は食事を大切にする文化だと分かります。

中国人の食事は、みんな一つの円卓を囲み、話をして盛り上がりながらするのが一般的です。食卓は重要なコミュニケーションの場として、関係が近くなる場所と見なされます。

近年中国人のエコ意識が高まり、残った料理を持ち帰ることがいいマナーとして普及しつつあります。その他、再利用できる箸を好んで使うようになりました。

中華料理は、様々な料理法で加熱した料理です。中国人が好きな食材は、豚肉や牛肉、鶏肉、魚などで、北方の料理の味は、塩辛く、濃い味付けですが、南方の料理は、甘味があるさっぱりとした薄味です。その他、中国人は温かい飲み物を好むため、レストランで注文をする前に温かいお茶やレモン茶を提供する店が少なくないです。もちろん、常温の飲み物や冷やした飲み物も置いてあるため、注文するとき店員に確認したほうが良いでしょう。

中国の食文化は長い歴史があり、赴任する前に、少し理解がある方が、赴任生活が楽しいものとなるでしょう!

 

お勧めレッスン: 中国赴任前短期レッスン