fbpx

赴任向けコラム-中国のスマホ決済

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任の方、中国出張が多い方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国のスマホ決済】

中国へ出張もしくは長期的な赴任が決まった場合、煩雑なビザ申請や手続きが必要となりますが、仕事以外の日常的な部分も日本とは大きく異なります。

例えばスマホ事情も、日本と中国は似ているようで実はまったく違います。日本は店頭で買い物をする場合、最近ようやくキャッシュレス決済が増えてきましたが、スマホを使ったQRコードよりは多くの人が所有しているクレジットカードの需要が高く、他に電子マネーも良く使われています。偽札の流通量が少ないがゆえ通貨の信頼性が高いことや、大手チェーン店に属さないほとんどの中小小売では、キャッシュレス決済手段の導入が遅々として進まなかったこともあり、多くは今でも現金払いです。

一方中国ではクレジットカードの普及が進まなかったため、スマホの普及と相まって信頼性の高い決済手段が爆発的に広まった背景があり、QRコード決済が主流です。中国国内で最も利用されているQRコード決済は、wechatペイです。特にwechatペイは多くの人が利用するとともに、道端の路面店から大型スーパーまで多数の店舗で決済可能ですから、中国で長期滞在する際には真っ先にスマホにインストールすべきアプリと言えます。
wechatは元々スマホを持つ中国人ほぼ全員が利用しているSNSで、送金機能が導入されたことで金銭のやり取りが可能となりました。本来は送金機能として利用するもので、それを決済システム用に単に流用している点では、日本の確立されたQRコード決済とは若干異なります。

友人や知人など既にIDを知っている相手であれば、銀行で振り込み手続き等することなく、wechatでの送金が可能ですし、グループチャットへの送金もできます。中国ではクレジットカードが普及していないため、wechatペイへのチャージは主に銀行口座から実行しますが、オートチャージ設定にしておけば、都度チャージすることなく自動的に銀行口座から引き落とされます。店頭でwechatペイ払いをする場合は、スマホの画面にバーコードもしくはQRコードを表示すると、店舗の人が読み取ってくれます。スマホ決済は日本に比べて圧倒的に進んでおり普及しているので非常に便利です。

銀行口座との紐づけや中国の電話番号が必須で短期滞在の出張者、旅行者にはハードルが高いものがありましたが、最近短期滞在者向けに上限2,000元、期間90日までという制限付きで緩和政策もとられたため、今後益々便利な決済サービスとなるでしょう。

お勧めレッスン: 中国赴任前短期レッスン