池袋中国語コラム 端午節2

こんにちわ、今日は「端午節」ですね、チマキは食べられましたでしょうか?中国人の友達に出会ったら「端午节,快乐!」って言ってください。昨日に引き続き端午節について書きたいと思いますが、昨日出てきた「屈原」さんですね。端午節の由来は屈原に大きく関わっているので今日はそれについて紹介したいと思います。

楚(そ)の国の国王の側近に、屈原(くつげん)(前340頃~前278頃)という政治家がいました。 詩人でもあった彼はその正義感と国を思う情は強く、人々の信望を集めていました。

楚国的朝廷中,有一位名叫屈原(公元前340年—公元前278年)的政治家。同时也是诗人的他正义,爱国,在民众中拥有极高的威望和声誉。

しかし、屈原は陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。

但是,屈原由于遭到了阴谋陷害,被赶出都城。

その時の想いを歌った長編叙事詩「離騒(りそう)」は中国文学史上、不朽の名作と言われています。 故国の行く末に失望した屈原は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまったのです。

他的作品长篇叙事诗—[离骚]便记录了当时的心情,也成为中国文学史上不朽的名作。失望至极的屈原回到故国,投汨罗江身死。

楚の国民達は小舟で川に行き,太鼓を打ってその音で魚をおどし,さらにチマキを投げて,「屈原」の死体を魚が食べないようにしました。

楚国的国民,便乘坐小船,击打太鼓,一边吓退鱼群,一边向江中扔下粽子,为的是不让屈原被鱼儿吃掉。

その日が中国の年中行事になり,へさきに竜の首飾りをつけた竜船が競争する行事が生まれたそうです。

由此,这一天便成为中国必过的节日,也由此产生了将小船船头以龙头装饰成龙舟,并开展比赛的活动。

これは今日のドラゴンレース(龍舟比賽)の始まりとも言われています。

这就是现在赛龙舟活动的由来。

これがチマキ(肉粽=ローツ ォン)の起源です。このようなエピソードから、毎年命日の5月5日の屈原の供養のために祭が行なわれるようになり、やがて中国全体に広がっていったのです。

这就是粽子的起源。有了这样的故事,为了祭祀屈原,每年在他的忌日五月五号这一天举行纪念活动,随后这个风俗在中国各地传播开来。屈原 画像