fbpx

Category Archives: 中国ビジネス

中国ビジネス向けコラム-中国の知的財産権問題

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の知的財産権問題】

日本人が中国でビジネスをする場合、最低限知っておく必要があるのは知的財産権問題になります。知的財産とは、アイデアや創造物など財産的な価値を持っているものを意味しています。例えば、自分で作詞作曲をした場合には、自分のアイデアを出して作っていますのでこれは知的財産と呼んでよいでしょう。知的財産は、法律で保護されることになっています。もし、自分で作詞作曲した曲をだれかが勝手に利用しそれで商売をしている場合には、知的財産権が侵害されているといえるわけです。このような場合、裁判所に訴えることで作詞作曲をした人は勝てる可能性があるわけです。

では、なぜ中国でビジネスをする場合知的財産権が問題になるのでしょうか。その理由の一つが、中国では様々な日本のブランド名を知的財産として登録しているからです。例えば、日本で有名な青森のリンゴがあった場合、これを中国に持って行って商売をするとき「青森のリンゴ」として商売することはまずできません。なぜかといえば、中国人がすでに現地で「青森のリンゴ」の商標を登録しているからです。それ以外にも、日本で有名な南高梅の梅干しがありますが、これもたいてい中国人が現地で「南高梅」の名前を商品として登録しています。実際に本物でなくても勝手に登録してしまえば日本人が海外に行った時その商品名で商売をすることができません。そうすると、今まで持っていたブランドの価値を発揮することができなくなってしまいます。

一方、中国では青森で育てたリンゴでないにもかかわらず「青森のリンゴ」などといって売り出すことが可能になってしまいます。そうすると、青森のりんごを日本のブランドを知っている人が間違えて購入してしまう可能性もあるでしょう。形ある商品だけでなく、形のないアニメの作品や映画の作品ですらすでに商標登録はされている可能性が高いです。有名なものに関しては、ほぼ登録されているといってよいでしょう。そうすると日本のブランドが使えず商売するときにも一切強みが発揮できないことがわかります。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の人事・労務の注意点

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の人事・労務の注意点】

中国に進出する日本企業が多くなっている理由の一つに、労働者の賃金が安いことが挙げられます。中国でのビジネスは人件費の節約ができるなどからも日本人経営者がビジネス拠点として選ぶことが多いのです。ただ、異国の地であると同時に日本人とは異なる習慣を持つこと、労務管理は難しさがあるといわれており簡単に考えているとトラブルが起こることがあるため注意をしなければなりません。

近年中国は急速な経済発展を成し遂げており、その反面で地方での労働者の賃金は比較的緩やかに上がる傾向です。都市部では急激な上昇であるのに対して地方での賃金上昇が緩やか、結果的に低賃金でありながらも高物価の状況下での生活を強いられているわけですから、地方で働く労働者は賃金やその他の待遇において改善を求めるケースが多いのです。こうした状況を懸念して、中国政府は2008年に労働契約法やその実施条例・労働争議調停仲裁法などの労働関連法を策定・施行しています。これらの法律の目的は、労働関係法制度の完備をはじめ、労使関係の安定化や労働者の権利を保護することです。

しかし、この労働契約法で定められている疾病療養期間を悪用するなど、仮病で休む労働者も少なくないといいます。そのため、中国でビジネスを行う場合には中国式の労務管理テクニックを把握しておくことが重要な課題になって来るのです。面接の際には履歴書を持参することになりますが、この履歴書にも嘘偽りがあるともいわれており、履歴書の詐称を見抜くための事前調査が必要不可欠です。試用期間中の労働者は労働契約法により保護されているので、試用期間内で解雇(歴任ではないなどの理由)を行うと、その会社は立証責任を負わなければならなくなります。日本企業は人件費を引き下げる目的で現地従業員を最大限に活用するケースが多いのですが、従業員すべてを現地労働者にすると会社の財産を横領することもあれば親戚を雇うなどの不正行為を働くケースが多いため、日本人労働者の導入も必要不可欠です。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の財務の留意点

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の財務の留意点】

中国には、日本と異なるビジネスの仕組みや習慣があります。
日本と同じ感覚でビジネスをしていると、法律に違反してしまう可能性もあるので注意が必要です。
現地のルールを守り安全に日本人がビジネスをするためにも、日本との違いを把握しておかなければいけません。

中国と日本のビジネスでは、財務についても大きな違いがあります。
たとえば日本では利息や為替差損益は、営業外損益でくくり営業利益と経常利益に挟みます。
しかし中国では財務費用でくくってから、管理費用と営業費用を並んで配置する決まりです。
ちなみに管理費用とは管理部人件費等、営業費用は営業活動に関わる費用です。
その他にも日本の特別損益が別のところに入っていたりと、中国と日本では損益計算書の書式ですら大きな違いがありますから、混乱する日本人も多くなるでしょう。
中国では日本と異なり営業利益の概念もなく、通常利益のみの表示なのでこの点にも留意しなければいけません。
日本では損益計算書には、損益計算書そのもののほかに複数の資料がセットになっています。
しかし中国の損益計算書は資料がセットになっておらず、作成してもらう必要があるのも留意点と言えるでしょう。
貸借対照表は損益計算書に比べると大きな違いはありませんが、表示方法には差があるのでそれぞれの意味を理解しておかなければいけません。

書類の他に会計処理にも違いはあって、たとえば中国の税務上では仕掛品や半製品の概念がありません。
原材料・仕掛品・半製品・製品の4つに慣れている日本人にとって、この違いは大きなものになります。
税務上の処理も大きく変わってきますから、それぞれの意味を理解して計算しなければいけません。
中国は日本と同じ漢字が使われている国なので、現地の言葉に慣れていない日本人でもある程度の意味は推測できるでしょう。
しかしビジネスの現場では多くの違いがあるので、推測で判断するとビジネスで痛い目に遭うことになりかねません。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の法務の留意点②

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の法務の留意点②】

高まる中国の技術力と世界市場での存在感から国内外共にビジネスがますます活性化しているので、法務に際しても日本人にも馴染み深い世界共通の様相になっていますが、中国は元来法体系が3つに分かれている上に成立する時期により対象が同一であっても、各々規定されている内容に差異があるという点を抑えておくと円滑にビジネスが進められます。
対象が同一でも扱われ方に差異が生じる様子に日本人のビジネスマンが最も気が付きやすいのは、国全体での扱われ方と地方での扱われ方に差異がある様子です。
そのため、地方では中国が示している休暇制度などに則って従業員が働いているのではなく、各地方の休暇制度に則って働いている様子は珍しくありません。
こうした国全体が示している法務と、地域で実際に準拠されている法務で差異が発生している事例が少なくないので中国の地方でビジネスを開始したり、中心部で展開していたビジネスを地方にも拡大させるという場合には、中心部と地方での法の扱われ方の違いに意識しましょう。

このような法の差異に関しては速いペースで解消されてきているので、間もなく全く相互に違いが見られなくなりますが、速いペースで変化していく法律にその都度しっかりと対応していく姿勢も重要です。
中でも独占禁止法については企業結合申告の要求が従来に比較して厳格化されているので、中国にとっては外資系となる日本人が行うビジネスはより一層注意深く精査されます。
そして、中国国内では国民の満足度を高める動きが国レベルで活発化していますし、中国の消費者もさらに品質が高い物やサービスを求めるようになっているので、消費者を守るべく消費者権益保護法が改正されました。
改正された法律により企業は製品やサービスの品質を高めるだけではなく、製品の購入後やサービスの利用後にも十分なアフターサービスを提供する事が定められており、品質やアフターサービスが十分ではない事例ではメディアで取り上げられる対象になる場合もあるため、中国でのビジネスはますます消費者にとってより良いものをお届けする事が重要です。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の法務の留意点⓵

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の法務の留意点⓵】

近頃は日中間で経済的な繋がりが強くなったため、たくさんの日本人にとって、中国に関連した取引をすることやその取引に伴う法的な問題を処理する必要が生じることは多いです。自分の会社の商品を輸出したり製造工場を設けたり現地で飲食店を営むなどといった様々なビジネスでは輸出や輸入、売買についての法律だけではなく現地法人を設立したり運営したりすることにまつわる法律や消費者保護や製品品質にまつわる法律、スタッフの雇用についての法律など様々な中国の法律とこれらの法律に基づいた実務を運用することが留意点になります。

また、会社の法務担当者に中国の法律問題にまつわる他部署から相談に応じる必要性が生じる可能性が高いです。こういった相談の要望に対応するには日本の法律と同じように、中国における法律実務に関して普段から理解して情報を更新しておく必要があります。

現地のビジネスでは契約や法律より人間関係の方が重視されるといった日本人の意見を良く聞くことがありますが、近頃の中国の実務運用や法整備の状況をみると、人間関係が重視されるという考え方は妥当であるとは言えません。民事取引や会社法制、外商投資や製品品質の分野で法体系の執行の強化や整備が急速に進んでいて、取引する当事者の契約に対する意識も高まっています。他にも消費者保護や独占禁止、不正競争防止や労働関係などの分野でも法体系の整備が急速に進んでいるのが実情です。

ですので中国の法律実務を日本人は特殊なものであると、あまり捉えない方が良いと言えます。その一方で、中国における法律実務は法体系が複雑であるという特徴もあるため、このことに日本人が留意するのは有意義なことです。中国では、ある法的領域にまつわる国家の法規には、法律の他にもっと細かい規定である部門規則や行政法規などがあることが多いですが、これらが成立する前後に同様の問題に対して規制をしているのに各規定内容が大幅に違うことがあるので留意する必要があります。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の冠婚葬祭の注意点-葬式

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の冠婚葬祭の注意点-葬式】

中国でビジネスを行っていると現地で関係を構築した方の葬式に参列する機会も生じますが、日本人が中国で葬式に参列する際には日本とは様々な点で差異がある事を理解しておく必要があり、特に服装に関しては外見上大きな差異があります。
日本人が葬式に参列する際は喪服を着用するため男女問わず黒色の衣類と小物を用いる様子になりますが、中国においては取り分けて服装に定めがありません。
そのため、中にはデニムを着用している参列者も稀有ではないものの、自由度が高いとは言っても相応しい服装を心がける事がマナーなので、落ち着いた色選びを意識しましょう。
色については黒色の他に白色も問題無いですし灰色や青色を選択しても構わないですが、輝く派手なアクセサリーなどの着用は慎むべきです。

そして、中国の葬式においても日本と同様に香典をお渡しする習慣がありますが、香典には奇数の金額を包まなければならない上に、割り切る事ができないよう1元を末尾に足す事例が多いです。
また、香典を包む際には白色の封筒や専用品を使用しますが、包む金額は地域差が大きいため中国でビジネスを行っている地域の方に尋ねてみると安心です。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の冠婚葬祭の注意点-結婚式

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の冠婚葬祭の注意点-結婚式】

日本人が中国で取引先や社内関係者の結婚式に参加する場合、最低限現地のマナーと風習を知っておく必要があります。まず、中国といっても非常に面積大きい国です。そのため、地域によっても随分とその風習が異なることが知られています。例えば、テレビなどで爆竹を鳴らして結婚式をする場面を見たことがある人も多いはずです。ですが、中国全土で行われているわけではなく、ある一つの地方で行われているだけで、それが全体の風習ではないことを理解しておきましょう。つまり、どの地方で結婚式に参加するかによって形が随分変わってくるわけです。

ただし、中国全土で共通している風習も存在しています。一般的には、日本と違い午前中から始まるのではなく夕方から行うことが多いことです。そのため、早い時間から参加する必要はなく午前中から十分に準備をすることができます。その半面、終了するのが遅くなることも考えておきましょう。

次に知っておきたいことは、縁起の良い数字があることです。縁起の良い数字は「8」になります。そうすると、結婚式がスタートする時間も16時8分などと中途半端なことが多くなります。日本と同じような感覚でスケジュールを組もうとしても、現地の人に受け入れられない可能性がありますので要注意です。最近は欧米の文化も大いに入ってきているので白のウェディングドレスも良く見かけますが、中国では「赤」が縁起の良い色ですので、真っ赤なチャイナドレスも定番です。

中国で行われる結婚式に参加する際日本人が取り分けて意識しなければならないのが服装であり、その理由は日本人が結婚式に参加する際のスーツを着用した上で白色のネクタイを用いる様子は葬式時の服装であるためです。
さらに、結婚式自体の流れも日本とは異なり新郎が新婦の自宅に迎えに行く上に、今後末永く幸せに過ごせるよう麺を頂き新郎が新婦を抱えて自動車に乗せます。
自動車で結婚式場に到着した後は、結婚証明書を読み上げて指輪交換を行いお酒を飲み交わしつつ家族間の挨拶へと移ります。
さらに、新郎新婦が出席して頂いた方々にお酒と共に煙草も提供しながら挨拶を行うという点も中国の結婚式ならではの様相であり、常時和気あいあいとした雰囲気で進められますが、別れを連想させる梨や傘は贈り物として選ばないようにしましょう。

最近は日本でも当たり前になってきましたが、中国では午前中に「インチン」と呼ばれている催し物が存在します。これは、結納の儀式になります。結婚式場は利用しませんが、どのようなものか知っておくことも必要でしょう。新郎が新婦の家に新婦を迎えに行き、連れ出せばゴールになります。この時、日本のように形式的なものではなく軽いゲームなどが行われることが多いです。例えば、青汁が新婦の家に用意されておりそれを一気飲みすれば新婦を連れ出してもよいなどの条件が課されます。それ以外にも、「縄跳びを200回飛ぶ」「腕立て伏せを50回行う」などが試練のようなゲームが用意されていますので、この点のイベントなども理解しておく必要があります。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国人との交渉術-部下

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国人との交渉術-部下】

ビジネスで中国に行くとき、中国人の部下ができることもあります。そういうときには日本人の部下と同じように扱えばトラブルになる危険性があるので注意をしましょう。では、中国人の部下と仕事をするとき、どのような交渉術を使えばよいのかというと、大事なのは面子を重んじることです。

何か失敗をした時、日本人が相手であれば職場で叱責するかもしれませんが、中国人の場合にはそんなことをすれば同僚たちの前で恥をかかされたということで反省よりも怒りがこみ上げてきます。そうなると翌日から仕事に来なかったり、恨みを抱いて上司の足を引っ張ろうと思いもかけない事件を起こすかもしれません。

では、何も言わなければいいのかというと、そういうことでもなく面子が潰されないやり方であれば大丈夫です。つまり、メールやSNSを使って密かに中国人の部下を個室に呼び出し、誰にも見えないように叱れば面子を保つことが出来ます。

そのとき、反省の言葉を口にしたならば、それ以上のことをするべきではありません。もしそれでも叱り続ければ、反省したのになぜ許してくれないのかという感情が出てきます。そうなると今後の仕事にも悪い影響が出てくるので、加減をしなければいけません。

逆に褒めるときには、日本人ならではの言葉にしなくても理解できるということは通用しないと思ったほうがいいです。いい仕事をしたときには、その場で良かった点を褒めてやることでやる気を引き出すことが出来ます。この場合には、周囲に人の目があったほうが効果的です。ただし、異性を褒めるときには、細心の注意を払う必要があります。中国でも、異性に対して容姿を露骨に褒めたりするとセクハラと思われることがあるからです。どれだけ親しくなっても褒めるならば、仕事の内容だけにとどめてください。

あと、言葉だけでなく形で評価することも必要です。たとえば成果に対して報奨金を渡したり、休暇を与えるといった心遣いも必要です。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国人との交渉術-取引先

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国人との交渉術-取引先】

中国国内の市場が右肩上がりで成長している以外に、中国発のIT技術やシステムが世界的に注目度と多くの利用者を集めているため、ビジネスを軌道に乗せてより一層成長させるには中国でのビジネスの進め方が重要であり、ビジネスを進める上で欠かせないのが現地の方と行う交渉です。

これまで西欧諸国でビジネスを展開し数々の交渉を繰り返し行ってきた人でも、中国で交渉を行う際には現地に応じた方法を意識して進めていく人は少なくなく、特に階層に関しては重きが置かれています。
その理由は、中国では階層を重要視し尊重するという意識が根強く存在しているという特性が関係しており、現地の人々は他者と話をする際に相手の階層や立場を知る事から始めるためです。
日本人にとってもビジネスシーンで会った方との間で名刺交換が行われますが、中国では日本よりも名刺交換が重要視されているのは、名刺交換により相手方が属している会社において位置している階級が知られる点が関係しています。
そのように相手を深く知るという事は継続的に行われていくので、宴会の場が設けられればお酒の飲み交わしながら会話を楽しみ、尚一層お互いの事について理解を深めていきます。

そのため、お酒を嗜む習慣を持っていなかったりビジネスとプライベートを明瞭に分けて生活したいと考えている人でも、設けてもらった宴会の場にはしっかりと参加してお酒と会話を楽しむ事が大切です。
そして、中国ではビジネスパーソン同士で関係性を構築していく事の重要性が高く、関係性を構築して一員として認めてもらわなければ提供している商品やサービス、会社に好印象を抱いてもらえたとしても円滑にビジネスが進まないという事例があります。
また、構築した関係性に則って部下から上司に関わりを有する立場が変化していく様子も定例なので、最高位の方に近づきたいという気持ちを抱いている場合は初期段階から最高位に近付こうとするのではなく、少しずつ関係構築し認めてもらうようにしましょう。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国ビジネスのツボ

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国ビジネスのツボ】

中国の企業が世界の市場で躍進を見せています。そのため、日本のビジネスパーソンもそのような企業を相手に取引する機会があるでしょう。日本とは重視されるマナーが違っており、独特なタブーも存在するので注意が必要です。たとえば、初めて対面する時点ですでに日本とは考え方の異なる点が存在します。名刺交換が何よりも大切だと考えているなら大きなミスをしてしまう恐れがあります。肩書や所属が書かれた名刺を渡して自己紹介するのは欧米流のマナーです。中国ではそのような付属的な情報よりも、まずは個人同士の間柄が重要だと考えられています。そのため、会っていきなり食事に誘うのもビジネスの一環ということです。日本のように誘いを社交辞令と思って軽く受け流してしまうと、自分たちと真面目に取引をする気がないと見なされかねません。

また、あいさつの基本は握手であることを知っておくことも大切です。相手が手を差し出してくるのを待って、それをすみやかに握り返すようにしましょう。日本人は、とりあえず手を握り合うという形の成立が重要だと考えがちです。言い換えると、友好関係を築けたことをアピールする一種のパフォーマンスと捉えている節があります。そのため、加える力の強さにはあまり気を使いませんが、中国ではしっかり握らないとマナー違反になるので気を付けてください。

一方、中国のビジネスでタブーとされているのは相手の面子を潰すことです。良くないことをした中国人が悪びれもしない様子を、ニュースなどで見たことがある人は多いでしょう。そのような影響もあり、我が強い人種であるというイメージが浸透していますが、その根底にあるのは自分に対する誇りの強さです。ビジネスで明らかなミスをした場合でも、大勢の前で指摘したりすると、誇りを傷つけられたと感じて逆上することもあります。言い換えると、相手の面子を立てることを意識して対応していれば、取引はスムーズに進みやすくなるでしょう。

お勧めレッスン: ビジネス中国語