fbpx

Category Archives: 成語

成语「塞翁失马」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【塞翁失马】(sai4 weng1 shi1 ma3)

古代在边疆住着一位老翁。有一天,他养的马突然逃走。人们都来安慰他说,不要难过。谁知老翁并不在意地说:“丢了一匹马,也许是好事呀。”过了几个月,丢失的马突然回来了,还带回了一匹高大的骏马。

释义:比喻坏事在一定条件下可以变成好事。
例句:虽然你失去了一次机会,但是也许会有更好的机会,塞翁失马,安知非福。

【塞翁失马】・・・塞翁が馬

(人生の幸不幸はいろいろ変わるもので、前もって知ることができない)

古代、辺境に一人の老人が住んでいた。ある日、彼が飼っていた馬が突然逃げてしまった。人々はみな来て彼を「大変だったね」と慰めたが、老人はあろうことか気にかけずに言った。「馬を一匹失ったことは、もしかしていいことかもしれない」数カ月して、逃げた馬が突然戻ってきた。しかも一匹の大きな駿馬も連れてきた。

意味:悪いことは一定の条件下でいいことに変わることを例える。
例:君はこの機会を失ったけれども、もしかしたらもっと良い機会に恵まれるかもしれない。人間万事、塞翁が馬だよ。

 

 

成语「守株待兔」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【守株待兔】(shou3  zhu1  dai4  tu4)

宋国有个农夫在田里干活时,看见一只野兔跑过来,撞在树桩上死了。农夫不费力气就捡到一只兔子。从此,他放下农具,每天蹲在树桩旁等待野兔跑来撞死。可是再也没有野兔来,田地也慢慢荒芜了。

释义:守着树桩等待兔子跑来撞死。比喻不靠自身努力,希望侥幸得到意外收获。

例句:一个人要通过自身努力才能得到成功,不能守株待兔。

守株待兔・・・自分では努力しないでうまい収穫にありつこうとする(棚からぼたもち)

宋国のある農夫が畑で働いていた時、野兎が走って来て、切株にぶつかって死ぬのを見た。農夫は苦労せずに一匹の兎を手に入れた。ここから彼は農具を放り出し、毎日切株の近くにしゃがみこみ、兎が激突して死ぬのを待った。しかし、その後は一度も兎はやって来ず、畑は次第に荒れ果てていった。

意味:切株の近くで兎が激突死するのを待つ。自分自身で努力せずにうまい収穫にありつこうとすることを例える。

例:自身の努力によってやっと成功することができるものだ、棚からぼたもちにはならない。

 

 

成语「世外桃源」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【世外桃源】(shi4 wai4 tao2 yuan2)

陶渊明诗晋朝文学家,他曾经写下了著名的《桃花源记》。这篇文章讲述的是一个神奇的故事:有个渔夫顺着小溪前进,在桃花盛开的地方发现了一座山谷,里面住着很多人。这些人声称他们的祖先为了逃避秦朝战乱,一直在山谷里隐居,过着悠然自得的生活,不知道外界已经改朝换代。渔夫在桃花源里住了几天才离开,但当他再次寻找桃花源时,却再也找不到路径了。

释义:比喻理想中极其美好的地方。

例句:这座小山村环境优美,堪称世外桃源。

世外桃源・・・世外の桃源郷

陶淵明は晋朝の文学家で彼はかつて著名な《桃花源記》を書いた。この文章はあるたいへん珍しい話を述べている。:とある漁夫が渓流に沿って進んでいると、桃の花が満開の谷間が現れ、その中には多くの人が住んでいた。これらの人が言うには彼らの祖先は秦朝の戦乱から逃げてきて、ずっとこの谷間に隠れて暮らしていた。悠々自適に生活し、外の世界はすでに王朝が変わっていることを知らなかった。漁夫はこの桃源郷で何日か泊まり、やっと離れたがもう一度桃源郷を探した時にはまったく道を見つけられなかった。

意味:理想の中の極めて美しい場所を例える。

例:この小山の村は環境が美しく、世外の桃源郷と言える。

 

 

成语「如出一辙」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【如出一辙】(ru2 chu1 yi1 zhe2)

南宋作家洪迈在《容斋续笔》中讲述了古代几位名将的故事。首先,他举出三国时期蜀国名将关羽。关羽武艺高强,身经百战,立下了许多功劳,最后却因为骄傲轻敌,中计被擒。随后,洪迈又列举南北朝时西魏的王思政,东魏的慕容绍宗,陈国的吴明彻,他们都是功勋卓著的名将,但最后却像关羽一样,由于轻敌而失败。对此,洪迈评论说:“这四个人的错误相同,如出一辙。”

释义:好像从同一条车辙走过来似的,形容两件事情非常相像。辙:车轮压出的痕迹。

例句:他俩兄弟在面临危机时,所采取的解决方式,如出一辙。

如出一辙・・・まるで一つの轍から出たように似ている

南宋の作家: 洪迈は《容斋续笔》の中で古代の何名かの名将の故事を述べている。まず彼は三国時代の蜀の名将関羽を挙げた。関羽は武芸に秀で、百戦経験し、多くの功労を打ち立て、最後には驕って敵を軽く見たために、計略にかかり捕まった。その後、洪迈は南北朝の時の西魏の王思政、東魏の慕容绍宗、陳国の呉明徹を列挙し、彼らは皆、勲功際立った名将であるが、最後は関羽と同じく、敵を軽く見たことによって失敗した。ここから洪迈が論じて言うには「この四人の間違いは同じでまるで一つの轍から出たように似ている」

意味:まるで同じ轍から出たように似ていることで、二つのことが非常に似ていることを形容する。辙:わだち、車輪が通った跡のくぼみ。

例:彼ら兄弟は危機に面した時に同じ解決方法を取り、まるで一つの轍から出たように似ている

 

 

成语「人言可畏」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【人言可畏】(ren2 yan2 ke3 wei4)

从前有个名叫仲子的男青年,他爱上了一个姑娘,就对姑娘说:“我能去你的家中与你促膝长谈吗?”姑娘怕挨父母骂,就对青年说:“不行,现在我还不能答应你。”但是姑娘不敢明说自己不答应的原因,就用诗歌表达了自己对青年的爱情。她说,不能来家里相会的一个重要原因,就是“畏人之言多”,意思是害怕人家说闲话。

释义:言:流言蜚语。畏:怕。那些毫无根据的话(多指人们背后议论,诽谤或挑拨,离间)是很可怕的。

例句:做任何事都要注意自己的行为,毕竟人言可畏!

人言可畏・・・世間の口はうるさいものだ

かつて、仲子という名の青年がいて、一人の娘を愛してた。娘に向かって言うには「私はあなたの家に行って膝を合わせてじっくり話しができますか?」娘は父母に叱られるのを畏れて、青年に言った。「ダメです、今はまだ応えられないです。」しかし、娘は応えられない原因を話す勇気がなかったので、詩を以て青年に対する愛情を表現した。娘が言うに家に来て会えない一番の原因は、「畏人之言多」、意味は人々に陰口を言われるのを畏れたためだった。

意味:根も葉もないうわさ。畏:畏れる。それらの根拠のまったくない話(人々が裏側で、誹謗、離間、そそのかすことを多くは指す)は恐ろしいものだ

例:何をするにしても自分の行いに注意する必要がある。結局世間の口はうるさいものだ。

 

 

成语「如坐针毡」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【如坐针毡】(ru2 zuo4 zhen1 zhan1)

晋朝时,有个叫杜锡的人在朝廷里担任太子中舍人,他性格刚直,敢作敢为。当时的太子叫愍怀,他脾气古怪,喜怒无常,杜锡常常劝告他,希望他加以改正。不料太子不但不听杜锡的忠告,反而觉得很厌烦,命人在杜锡的坐垫里插上许多针。杜锡不知道太子干的坏事,像往常一样坐下,结果被针扎得鲜血直流。

释义:好像坐在插满针的坐垫上。形容心神不定。毡:坐垫。

例句:杨华一心想着要出去玩,在家里坐着如坐针毡。

如坐针毡・・・針のむしろに座っているようだ(少しも気が休まらない)

晋朝の時、杜锡という人が朝廷で太子中舍人を担当し、彼は性格が剛直で大胆に腕を振いました。当時の太子は愍怀と呼ばれ、変わった性格で感情の起伏が激しかった。杜锡は常々、太子に改めるよう忠告していたが、思わず太子は杜锡の忠告を聞かないばかりでなく、煩わしいと思い、杜锡の座布団の中にたくさんの針を刺すように命じた。杜锡は太子のした悪事を知らずに、いつもと同じように座り、結果針に刺されてたくさん血を流した。

意味:針がたくさんある座布団の上に座っているかのようだ。気が休まらないことを形容する。毡:座布団。

例:楊華は一途に外に出て遊びたかった、家の中は針のむしろのようだったから。

 

 

成语「取而代之」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【取而代之】(qu3 er2 dai4 zhi1)

公元前210年,秦始皇巡游会稽。当他的车队在大街上经过时,人群里有一个叫项羽的年轻人对他的叔父说:“彼可取而代也。”意思是:像秦始皇这样的地位可以夺取过来,由我代替!不久,由于秦王朝的统治过于残暴,全国爆发了声势浩大的农民起义。项羽参加了义军,并成为赫赫有名的西楚霸王,最终推翻了秦王朝。

释义:夺取别人的位置由自己代替。也可以表示用这个代替那个。取:夺取。代:替代。

例句:那个鸟语花香的公园消失了,取而代之的是一座摩天大楼。

取而代之・・・後釜に座る

紀元前210年、秦の始皇帝は会稽を巡っていた。始皇帝の車列が大通りを通る時に、群衆の中に項羽という若者がおり、彼の叔父に対してこう言った。「彼可取而代也」意味は「秦の始皇帝のような地位を奪い取り、俺が取って代わってやる」ほどなくして、秦王朝の暴虐な統治によって、ものすごい勢いで農民蜂起が全国で広がった。項羽は義軍に参加し、赫々たる有名な西楚の覇王となり、最後には秦王朝を覆した。

意味;他の人の地位を奪い取り自分が取って代わること。これをもってあれと取って代わることも表す。取:夺取。代:替代。

例:あの鳥がさえずり花が香る公園はなくなり、取って代わったのは超高層ビルだ。

 

 

 

成语「黔驴技穷」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【黔驴技穷】(qian2 lv2 ji4 qiong2)

从前,贵州一带没有驴。有个商人运来一头毛驴,却派不上用场,就把它放到山上。山上的老虎看见毛驴又高又壮,叫声又非常洪亮,担心它会吃掉自己,因而躲得远远的。过了些日子,老虎渐渐熟悉了毛驴的叫声,于是靠近毛驴,故意冲撞它。毛驴气坏了,用蹄子猛踢老虎。这一来,老虎看出驴子的本事就这么一点,便猛扑上去,吃掉了毛驴。

释义:驴子用尽了所有的本领。比喻本事有限,已经全部用完。黔:地名,指贵州。技:技能,本领。

例句:他们队虽然开始凭体力好占了一点上风,但很快黔驴技穷,被我们打得溃不成军。

黔驴技穷・・・才能を全て使い切る、できることは全て行った

 かつて貴州一帯にはロバがいなかったが、ある商人が一頭のロバを運んできた。しかしロバは役に立たなかったので山に放たれた。山の上にいた虎はロバを見ると体が大きく丈夫であり、声はとても大きく響くので、自分を食べるのではないかと心配し、遠くに身を隠した。数日が過ぎ、虎はしだいにロバの声を熟知してきた。そこでロバに近づき、わざとぶつかった。ロバは激しく怒り、蹄でトラを蹴った。これ以来、虎はロバの才能(蹄で蹴ること)はこれしかないと見破り、襲いかかりロバを食べてしまった。

意味;ロバは全ての才能を使い切った。才能は限りがあり全部使い切ったことを例える。黔:地名で贵州を指す。技:技能,本领。

例:彼らのチームは始めは体力があるので優位に立ったが、能力を全て使い切り、総崩れとなった。

 

 

成语「锲而不舍」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【锲而不舍】(qie4 er2 bu2 she3)

荀子是战国末期著名哲学家,他写过一篇名为《劝学》的文章,用很多精辟的比喻来劝导人们认真学习。其中,荀子用雕刻来说明学习需要持之以恒:“锲而舍之,朽木不折;锲而不舍,金石可镂。”意思是:假如刻一两下就停手,腐朽的木头也不会折断;如果不停地刻下去,坚硬的金属和石头也可以雕成精美的工艺品。

释义:雕刻一件东西,中途不放弃。比喻有恒心,有毅力。锲:雕刻。

例句:无论做任何事,我们都要有锲而不舍的精神,相信最后成功会属于我们。

锲而不舍・・・彫刻の手を休めない(粘り強く物事を行う)

荀子は戦国時代の著名な哲学家で、一篇の著名な文章《勧学》を書き、精妙な比喩を用いて、人々に真面目に学習することを忠告している。その中で、荀子は彫刻をもって学習には根気よく続けることが必要だと説明している。「锲而舍之,朽木不折;锲而不舍,金石可镂」意味は「刻んで途中で止めれば、朽木でも折ることはできないが、途中で止めなければ、硬い金属や石でも美しい工芸品に細工することができる」

意味;一つのものを彫刻するのに中途半端であきらめないこと。根気と意思があることを例える。锲:雕刻

例:どのようなことを行うにしても、私たちは粘り強く物事を行うことが必要で、信じることで最後には成功を手にすることができる。

 

 

成语「青出于蓝」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【青出于蓝】(qing1 chu1 yu2 lan2)

战国末期,著名哲学家荀子写了一篇名为《劝学》的文章,其中有这样一句话:“学不可以已。青,取之于蓝,而青于蓝;冰,水为之,而寒于水。”大意是:学习不应该半途停下,必须坚持不懈,才能进步。靛青这种染料是从蓼蓝中提取的,但它的颜色比蓼蓝更深;冰是水变成的,但却比水还冷。

释义:靛青是从蓼蓝里提取的,颜色比蓼蓝更深。比喻学生超过老师,后人胜过前人。青:靛青,一种染料。蓝:蓼蓝,一种可以提炼染料的植物。

例句:他很有艺术天赋,希望将来能超越同是艺术大师的父亲,做到青出于蓝而胜于蓝。

青出于蓝・・・青は藍より出でて藍より青し

戦国の末期、著名な哲学家:荀子は一篇の著名な文章《勧学》を書き、その中でこのような一句があった。「学は以て已やむべからず。青はこれを藍より取りて、藍よりも青く、氷は水これを為して、水よりも寒し」大意は学問は中途半端でやめるべきではない、たゆまず続けることが必要で、やっと進歩することができる。靛青(インジゴ)の染料は蓼藍(タデアイ)より取りだすが、その色は藍より更に深い。氷は水から変化するが、水より冷たい。

意味;靛青(インジゴ)の染料は蓼藍(タデアイ)より取りだすが、その色は藍より更に深い。学生は先生を超え、後世の人は前人に勝つことを例える。靛青:インジゴ、染料の一種。蓝:タデアイ、染料を取りだせる植物の一種

例:彼は芸術の才能があるので、将来同じ芸術の大家である父を超え、青は藍より出でて藍より青くなることを希望する。