fbpx

Category Archives: 成語

成语「力不从心」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【力不从心】(li4 bu4 cong2 xin1)

东汉时,班超出使西域20多年,慢慢地上了年纪的他身体一天不如一天,就向汉和帝上书,希望把他调回国。他说:“现在我体弱多病,万一碰上紧急情况,恐怕我力不从心。”汉和帝看后立刻传旨召回班超。

释义:心里想做的事,可是能力和力量都跟不上了。

例句:爷爷上了年纪,干重活儿已经是力不从心了。

力不从心・・・やりたい気持ちはあるけれども実力が伴わない

後漢の時、班超は西域に使いすること20数年、次第に体は年を取り一日、一日と弱まった。漢の和帝に書を送り、自分を帰国させてもらえるよう希望した。班超は「現在、私の体は弱まり病気がちで、万一緊急の事態が起こった場合、力が及ばないことを恐れています。」漢の和帝はこれを見ると、すぐに班超を召し戻した。

意味:心ではやりたいと思っているが、能力と力が伴わないこと。

例:おじいさんは年を取り、重労働をしようとしてもすでに力が伴わない。

成语「劳苦功高」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【劳苦功高】(lao2 ku3 gong1 gao1)

秦朝末年,刘邦率兵攻占咸阳,项羽认为刘邦抢夺了自己的功劳,于是准备在刘邦前来谢罪时消灭刘邦。陪同刘邦的猛将樊哙得知情况,立刻闯进大帐,对项羽说:“沛公攻下咸阳,等待大王到来,劳苦功高,大王不但没有奖赏,反而想杀掉他,这是什么道理?”项羽听了,只好作罢。

释义:出了极大的力、吃了很大的苦,立下了非常了不起的功劳。

例句:这个地区发生地震灾害,前来救援的战士和志愿者们真是劳苦功高。

劳苦功高・・・苦労を重ね、功績をあげる

秦朝の末年、劉邦は兵を率いて咸陽を攻めたが、項羽は劉邦が自分の功労を奪おうとしていると見なし、劉邦を面前に謝罪に来させた時に殺してしまおうと準備した。その際、劉邦に従っていた猛将の樊哙は状況を知ると、すぐにテントの中に割って入り、項羽に向かって言った「沛公は咸陽を攻めていた時に、大王が到着するのを待っておりました。苦労を重ね、功績は高いのに、大王は褒賞がないばかりでなく、彼を殺そうとしている。これは一体どんな道理でしょうか?」項羽はこれを聞くやすぐに中止した。

意味:大きな力を出し、大きな苦労をし、非常にすばらしい功労を打ち立てること。

例:この地区は地震災害が発生したが、やって来たレスキュー隊とボランティアは苦労を重ね、功績が非常に大きい

成语「空前绝后」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【空前绝后】(kong1 qian2 jue2 hou4)

晋朝大画家顾恺之画人物神态逼真,形象生动,后人评价说,他的成就超越前人。南北朝大画家张僧繇擅长山水人物佛像。他的画后人莫及。而到了唐朝,出了一位吴道子,他集绘画、书法、大成于一身。而且兼具前两位大画家的长处,后人称“空前绝后”。

释义:从前没有,今后也不会再有。形容极为出色的成就或者盛况。

例句:这次晚会集中了全国数百位有名的演员,阵容可谓空前绝后。

空前绝后・・・空前絶後

晋朝の大画家:顧恺之の人物絵は本物そっくりであった。今にも動き出しそうな表現で後世の人は彼の業績は昔の偉人を超えていると評した。南北時代の大画家:張僧繇は山水、人物、仏像を得意とし彼の絵に後世の人は誰も及ばなかった。時代が変わり唐朝に至ると、呉道子という人が出てきて絵画や書道で一大集成を成した。その上、先の大画家二人の長所を両方兼ね備え、後世の人は呉道子を「空前絶後」と呼んだ。

意味:これまでいなかった、かつ今後も現れないこと。極めて優れた成功や盛況を形容する。

例:今晩のパーティーは全国から数百名の俳優やスタッフを集め、まさに空前絶後と言えるだろう。

成语「刻舟求剑」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【刻舟求剑】(ke4 zhou1 qiu2 jian4)

战国时有个楚国人,乘船时不小心将剑掉进了水里。他用小刀在船舷上刻了一个记号。当船到达对岸时他才按照记号去寻找剑。别人都嘲笑他愚蠢,走了这么远怎么能找到剑呢?

释义:比喻拘泥成例,不懂得变通。

例句:社会不断进步,你仍用老办法解决问题就等于刻舟求剑。

刻舟求剑・・・剣を落として舟を刻む(状況の変化を考えずに、かたくなに先例に拘る)

戦国の時、ある楚国の人が船に乗っている時に不注意で剣を水の中に落としてしまった。彼は小刀で船べりに記号で印をつけて、この船が対岸に着いた時にこの記号をもとに剣を探そうとした。別の人達はこれを見てみな彼が愚かだと笑った。船が進みこんなにも遠いのにどうやって探し出すんだい?と言った。

意味:成功例に拘り、融通が利かないことを例える

例:社会は絶え間なく変化しているのに、あなたは古い方法で問題解決しようとするのは(刻舟求剑)状況の変化を考えずに、かたくなに先例に拘っているね。

 

成语「开天辟地」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【开天辟地】(kai1 tian1 pi4 di4)

传说很久以前,天地还没有形成,到处一片混沌。人类的祖先盘古,用斧子劈开了这片混沌。混沌中清而轻的气上升变成了天,重而浊的气下沉,变成了大地。人类历史就从这里开始。

释义:比喻前所未有,是有史以来的第一次。

例句:小王从来都不认真,他能考100分真是开天辟地第一次呀。

开天辟地・・・天地開闢以来

伝説によるとはるか昔、天地がまだ形成される前、いたるところは混沌であった。人類の祖先である盘古は斧でこの混沌を割り、混沌の中の清らかで軽い気が上昇し天となり、重くて濁った気が沈み大地となった。人類の歴史はまさにここから始まった。

意味:かつて見たことがないことを例え、有史以来の始めてことをいう。

例:王くんは今まで不真面目だったが、テストで100点をとった。これはまさに天地開闢以来初めてのことだ。

成语「开诚布公」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【开诚布公】(kai1 cheng2 bu4 gong1)

三国时,刘备死后,诸葛亮辅佐刘禅。由于他劳苦功高,有人建议他加爵称王。诸葛亮认为自己受先帝之托担任丞相的职位,再加官进爵就是不义。诸葛亮死后。人们评论,其做丞相时开诚布公,是了不起的忠臣。

释义:敞开胸怀,表示诚意,公正无私地发表自己的见解。

例句:我们应该开诚布公地谈话,才能更好地化解矛盾。

开诚布公・・・私心をはさまないで誠意を示す

三国時代、劉備の死後、諸葛亮は(息子の)劉禅を補佐した。諸葛亮が苦労を重ね、功績も高いことから、ある人は王の爵位を得られてはと助言したが、諸葛亮は自分は先帝(劉備)から丞相の職位を任されているのに、さらに官位を加えることは不義であると見なしていた。諸葛亮の死後、人々は丞相の時にこのように(开诚布公)私心をはさまないで誠意を示すことは、本当の忠臣であると評した。

意味:心のうちを開き、誠意を示すこと。公正無私で自身の見解を発表すること。

例:私たちは私心なく誠意で談話すべきで、そうすればさらによく矛盾を解消できるでしょう。

 

成语「脍炙人口」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【脍炙人口】(kuai4 zhi4 ren2 kou3)

春秋时有个叫曾参的人,他的父亲爱吃羊枣。父亲死后,他就不忍心再吃羊枣。公孙丑不理解此事,就去问老师孟子,脍炙人人爱吃,曾参的父亲肯定也爱吃,为什么曾参不吃羊枣,却并不戒吃脍炙呢?孟子回答,这就好比姓名,同姓的人有很多,同名的人却很少。羊枣是父亲独爱的,所以想起羊枣就想起了父亲。

释义:原指美味佳肴人人爱吃,现在比喻好的文章或事物人人称赞。脍:切得很细的鱼或肉类。炙:用火烤的肉。

例句:李白一生中写下了许多脍炙人口的诗。

脍炙人口・・・人口に膾炙する、人々によく知られ親しまれている

春秋時代に曾参という人がいて、彼の父親は羊枣(ナツメの一種)を食べることを好んだ。父親が死んだ後、曾参は(父の好物である)羊枣を食べることができませんでした。公孫丑はこの曾参が称賛される出来事が理解できないため、先生である孟子のところに行き尋ねた。膾炙(生肉を切って炙った食べ物)は誰もが好きで食べ、曾参の父も好んで食べました。けれども曾参は羊枣は食べないのに、なぜ膾炙を食べることは止めなかったのでしょうか?孟子は、これは姓名のようなもので、同じ姓の人は多く、同じ名の人は少ない。羊枣は父のみ好きな食べ物で、羊枣は父を思い起こさせる食べ物だからだ、と答えた。

(解説:「姓=膾炙 : 名=羊棗」は一つの例で、膾炙は、みなが好物だが、羊棗は父だけの好物であり、羊棗を見ると父を思い出してしまうため食べるをやめた。)

意味:もともとは人々が好きな美味しい料理を指したが、現在は皆が称える良い文章もしくは物事を例えるようになった。脍:魚もしくは肉を細かく切り刻んだもの。炙:炙った肉。

例:李白は一生のうち人々によく知られ親しまれた詩を多く書いた。

      膾炙              羊棗

成语「口若悬河」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【口若悬河】(kou3ruo4xuan2he2)

晋国时有个叫郭象的人,不但学识渊博,口才也很好。他发表议论时,立意新颖,讲的既深刻又生动,人们总是听得津津有味。太尉王衍十分欣赏郭象,称赞说:“郭象说起话来,就像一条倒悬着的河流,滔滔不绝,永远没有枯竭的时候。”

释义:讲起话来像瀑布倾泻。形容能言善辩,说话滔滔不绝。悬河:瀑布。

例句:在辩论竞赛上,小明口若悬河,一举驳倒了对手。

口若悬河・・・立て板に水だ。弁舌がよどみない。

物語:晋のとき、「郭象」という人がいたか、彼は学識が深いだけではなく、弁舌の才もあった。彼は論説を発表するとき、思想が斬新で、内容が深くて生き生きとしているので、人々が興味津々だった。太尉の王衍は彼の才能が気に入っていて、褒めたたえて言った「郭象が話すとき、まるで逆さまにつるす河のようだ。途切れることなく続いて、まったく枯渇しない。」

意味:話し出すと、滝が流れるよう続くこと。弁舌が淀みなく、滔々と絶え間ないことを例える。悬河:滝。

例文:弁論大会で、小明の弁舌は(口若悬河)淀みなく流暢で、一気に対戦相手をやりこめた。

 

 

 

成语「骄兵必败」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【骄兵必败】(jiao1bing1bi4bai4)

汉朝时,由于匈奴派骑兵袭击车师国,宣帝准备派遣重兵攻打匈奴。丞相魏相进谏说:“近几年来,匈奴并没有侵犯我国边境,我们为了车师而攻打匈奴师不必要的。现在,边境上的老百姓缺少衣食,生活十分苦难,国内又遭遇天灾,收成不好,怎能轻易兴兵打仗呢?我认为倚仗国势炫耀武力的军队只能成为骄兵,而骄兵是必然会失败的。”宣帝采纳了魏相的建议,决定不去攻打匈奴。

释义:骄傲轻敌的军队一定会吃败仗。比喻骄傲自满的人必会失败。

例句:即使你的成绩很好,也要认真复习,要知道骄兵必败,准备不足是难以得到好成绩的。

骄兵必败・・・ おごった軍隊は必ず負ける。おごる平家は久しからず。

物語:漢の時代に、匈奴が騎兵隊を駆使して車師国を襲ったため、宣帝が匈奴を攻撃しようとした。丞相の魏相が宣帝にこう言って諫めた。「ここ数年、匈奴が我が国の辺境を侵すこともないので、車師国のために匈奴を攻撃する必要はありません。現在、辺境に住む百姓は貧しく、生活が苦しい上、国内も天災に遭い、収穫があまりよくないので、安易に兵隊を使って戦うことはできません。国勢に頼って武力を見せびらかす軍隊は驕兵となり、驕兵とは必ず失敗するものです。」宣帝は魏相の意見を採用し、匈奴を攻めることをやめた。

意味:おごった軍隊は必ず負けること。傲慢な人は必ず失敗することを例える。

例文:例えあなたの成績が優れていても、真面目に復習をすべきだ。おごる平家は久しからず。準備不足だといい成績が取れない。

 

 

成语「九牛一毛」

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。

【九牛一毛】(jiu3niu2yi1mao2)

汉武帝派李陵出兵匈奴,结果他寡不敌众,被匈奴俘。许多大臣说李陵无用、不忠,并说他想投降匈奴。司马迁却认为李陵没有投降,而是在等待时机。武帝很气愤,将司马迁下狱,后来又对他施以重刑。司马迁想要自杀,后来一转念,像他这样地位卑微的人死去,在许多大人物眼中,不过是“九牛一毛”。于是他顽强地活了下去,终于写成了传世的《史记》。

释义:比喻极大的数量中微不足道的一部分。

例句:他谦虚地说:“和大家的成绩比起来,我出的力仅仅是九牛一毛,不值一提。”

九牛一毛・・・たくさんある中のほんの少しの部分

物語:漢の武帝は李陵に出兵して匈奴を攻撃させた。結局、李陵の軍隊の人数は少ないため負けて、捕虜にされてしまった。多くの大臣は李陵が不用不忠なので、自ら投降したがったと主張したが、しかし、司馬遷のみ李陵が投降したのではなく、ただ機会を待っているのだとみなした。武帝はとても怒って、司馬遷を投獄した。司馬遷は自殺したいと思ったが、考えを改め、「武帝のような地位が高い人にとって、私のような地位が低い人の死は「九牛一毛(たくさんある中のほんの少しの部分)」に過ぎないと考え、そこで、忍耐強く最後まで生き延びようとし、後世にまで伝わる「史記」を書きあげた。

意味:たくさんある中のほんの少しの部分を表す。

例文:彼は謙虚に言うには「みんなの成績から比べるに、私が出した力はただただほんのわずかにすぎず、わざわざ言う必要がない」