fbpx
 

Category Archives: 中国ドラマ

おすすめ中国語ドラマ【延禧攻略】

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国語学習者にお勧めの中国ドラマをご紹介します。ドラマを見ることで日常的に使える中国語表現をたくさん学ぶことができます。気になるドラマはぜひチェックしてみてください。ドラマをよく見る方は中国語の上達も早くなります!

【延禧攻略:2018年】(yánxǐɡōnɡluè)

日本語タイトル【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】

主人公・瓔珞(エイラク/Yīng Luò)のモデルとなったのは、最盛期の清朝を治めた乾隆帝の時代(在位1735~1795年)、数多い妃嬪の中で最も寵愛されたと言われる実在の女性で、孝儀純(コウギジュン/xiàoyíchún)皇后となる人物です。

今より二百年以上も前に、紫禁城で働いている姉の突然の死に絶望し、少女瓔珞は復讐を誓いました。紫禁城の繍坊で女官として働き、姉の死の謎を密かに調査し始めるのです。妃と女官たちからの嫌がらせやいじめに対しても、「やられたらやり返す」と宣言した瓔珞は正義感と智慧で乗り越えていきます。ついには富察(フチャ/Fù Chá)皇后に能力を認められ、女官のトップと任命されるのでした。

一方、宮中の女性を魅了する富察皇后の弟、美男子の傅恒(フコウ/Fù Héng)を犯人と疑い、彼女は優しいふりをして近づきましたが、二人はお互い惹かれて誤解を解き、恋に落ちた。しかし、乾隆(ケンリュウ/Qián Lóng)帝も瓔珞の冷たい態度に気を引かれ、好意を寄せるのでした。

この時、姉を死に追い詰めた真犯人たちが明らかになり、彼女の復讐の炎を再び灯しました。傷付けられても敵を打つと決心した瓔珞は復讐を成し遂げられるか?瓔珞を妹のように守ってきた富察皇后にも予想外の不幸が訪れ、遂に取り返しのつかない悲劇が起こってしまうのでした。傅恒と結ばれない運命に逆らえず、嫉妬や欲望の渦巻く後宮に潜む更なる陰謀に巻き込まれた彼女は、もう一度復讐の泥沼から立ち上がり、更なる強敵に勝ち抜けるのか?この鳥籠のような後宮に、思いがけなく出会った傅恒と皇帝との不思議な三角関係の行方はいかに?誰よりも寵愛を浴びる瓔珞が手にするものは愛なのか、それとも、権力なのか?

瓔珞を演じた吳謹言(ウー・ジンイェン/Wú Jǐnyán)は一気に名女優となり、富察皇后役の秦嵐(チン・ラン、Qín Lán)、乾隆帝役の聶遠(ニエ・ユエン/Niè Yuǎn)、後に悲劇の皇后となる嫻妃(カンヒ/xiánfēi)役の佘詩曼(シェー・シーマン/Shē Shīmàn)といった実力派俳優たちも、女性を中心に人気を集めました。

華麗な王朝生活を忠実に再現するため、清朝の歴史考証に工夫し、建物から小道具までできる限り本物を使いました。皇帝や妃嬪たちの簪と衣装も、ジュエリーの伝統工芸と蘇州の刺繍・手織りの職人によって制作され、古代の絵のような淡く優しい色合いに合わせて女優たちの美しさを更に輝かせました。

従来の時代劇の枠を超え、女性版「半沢直樹」とも評されたこの大逆転劇をぜひご覧ください!

 

延禧攻略

 

お勧めレッスン: グループレッスン

おすすめ中国語ドラマ【三生三世十里桃花】

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国語学習者にお勧めの中国ドラマをご紹介します。ドラマを見ることで日常的に使える中国語表現をたくさん学ぶことができます。気になるドラマはぜひチェックしてみてください。ドラマをよく見る方は中国語の上達も早くなります!

【三生三世十里桃花:2017年】(sānshēngsānshì shílǐtáohuā)

日本語タイトル【永遠の桃花〜三生三世〜】

中国ではここ最近「古代物」「ファンタジー」「恋愛」のすべてを掛け合わせたドラマが特に人気があります。本ドラマはまさしくそんなテイストです。中国の作家、唐七公子(Tángqīgōngzi)の小説『三生三世十里桃花』をドラマ化しています。中国でTVドラマシリーズ史上はじめて配信の総視聴回数が500億回を超え、歴代1位を記録しました。第22回アジアテレビジョンアワード優秀撮影賞を受賞するなど、海外でも高い評価を得ています。

物語は神々の住む架空の世界を舞台とした、九尾狐族の女神・白浅(Báiqiǎn)と天族の太子・夜華(Yèhuá)の三世に渡るファンタジーラブストーリーです。 タイトルの「三生三世」は、前世、現世、来世の三世を意味します。「三回生まれ変わってもあなたを愛する」と一筋に思い続ける男女の様子を表しています。

三世に渡るヒロインを演じたのは、中国4大若手女優のひとりである杨幂(ヤンミー/Yáng Mì)。時代劇から現代劇まで、出演する作品はどれも大ヒットしています。『私のキライな翻訳官』でも主役を務めました。彼女の美しさがこのドラマの神秘性を一層際立たせ、その演技力は中国全土を魅了しました 。

そんな彼女と一途な純愛を繰り広げるもう一人の主人公を演じた趙又廷(マーク・チャオ/Zhào Yòutíng)は、台湾出身の人気俳優。一人2役でヒロインの師匠も演じました。当時中国ではミスキャストとの批判もありましたが、彼の高い演技力はたちまち人々を魅了しました。視聴者からは「整容级演技(演技が上手すぎて、整形したくらい格好良く見えるという意味)」という意見も出たほどです。

また、このドラマでは脇役たちのキャラクター設定や切ないラブストーリーも魅力的に描かれました。東華帝君役の高偉光(ガオ・ウェイグァン/Gāo Wěiguāng)は、杨幂と同様に『私のキライな翻訳官』にも出演しているイケメン俳優です。その相手役の迪丽热巴(ディリラバ/Dílìrèbā)は、その西洋的なエキゾチックな顔立ちと愛くるしい美しさで、中国で最も注目されている女優の一人。2017年の『麗姫と始皇帝 月下の誓い』や2019年の『如歌―百年の誓い─』などの話題作にも出演しました。

本ドラマは中国に長く伝わる神仙思想をベースとしておりアクションも楽しめます。物語は数万年単位で天界と人間界を行ったり来たり、名前も背景も立場も変わっていくというかなり複雑な内容ですが、見ごたえは十分です。華流ドラマを押さえる上で絶対に外せません!

 

三生三世十里桃花

 

お勧めレッスン: グループレッスン

おすすめ中国語ドラマ【我的前半生】

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国語学習者にお勧めの中国ドラマをご紹介します。ドラマを見ることで日常的に使える中国語表現をたくさん学ぶことができます。気になるドラマはぜひチェックしてみてください。ドラマをよく見る方は中国語の上達も早くなります!

【我的前半生:2016年】(wǒde qiánbànshēng)

このドラマでは結婚、離婚、仕事のステータス、老後、子供のことなど、誰もが悩みを抱えて生きている姿が映し出されています。主人公は何不自由ない暮らしをしているワガママ放題な三十代専業主婦です。しかし夫の浮気が発覚したことで人生が一転します。離婚した後に親友などに助けられながら困難を乗り切り、新しい人生を切り開いていく彼女はどんな選択をするのでしょうか……。30〜40代が抱える問題を描き、同年代の圧倒的支持を得たことがヒットの要因です。

香港の人気作家亦舒(イシュー/Yì Shū)の同名小説を原作としています。舞台は香港から上海へリメイクされました。上海の東方衛視放映では最高視聴率12%以上を叩き出し、2017年夏の最大ヒット作となりました。上海にはテレビのチャンネル数が60以上あるといいますから、この視聴率がいかにすごいかがわかるかと思います。

中国語学習という点では、仕事や普通の生活でよく使われる表現が豊富ですぐ使えそうな日常会話が満載です! また俳優の滑舌がよいので聞き取りやすく、リスニングの勉強にもなります。YouTubeにアップされている動画は2話までは日本語字幕と中国字幕の両方がありますが、3話以降は中国語のみとなりますので頑張って見てみましょう。

主人公「罗子君(ルオ・ズジュン/Luó Zǐjūn)」は、大学卒業と同時に有名企業に勤める男性と結婚します。働いたことがなく、毎日買い物やランチに明け暮れる日々です。第1話では、高級デパートの靴売り場で店員たちに嫌味を言いながらショッピングする様子が登場します。こんな女性とは友達になりたくないと感じさせる高慢な女性を、ベテラン女優の马伊琍(マー・イーリー/Mǎyī Lì)がうまく演じています。結婚生活を失うことになったときにあわてふためく様子も見事でした。

ところで马伊琍はプライベートの注目度が高い女優です。彼女の夫は8歳年下の人気俳優・文章(ウェン・ジャン/Wén Zhāng)なのですが、人気女優の姚笛(ヤオ・ディー/Yáo Dí) との不倫デートがスクープされてしまいました。马伊琍は一度は許したかに見えましたが、結局離婚してしまいました。

ドラマの話に戻ると、主人公を支えたのは、昔からの親友とその彼氏です。顔良し、性格良しという非の打ち所がない人物であるその彼氏は、当初は主人公のことをよく思っていませんでした。ところが専業主婦の時からは見違えるように成長していく主人公に心を惹かれていってしまいます。まさにこのドラマの一番の見どころといえるでしょう。その相手役を演じたのは靳东(ジン・ドン/Jìn Dōng)で、遅咲きの俳優ですが現在中国で大ブレイク中です。

いっぽう主人公が離婚した原因である夫の浮気相手は、あまり化粧っ気のない地味で控えめな女性だったのですが、正妻になったとたんしたたかに変貌していきます。なにかと夫を悩ませることになるのが、このドラマの面白いところです。

30〜40代といえば若い時の悩みとは違った悩みが出始めるころです。それまで歩んできた人生の前半戦とは、また違った選択をしていく後半にさしかかるころ。登場人物たちがそれぞれどんな選択をするのか、ドラマで確かめてみてください!

 

我的前半生

 

お勧めレッスン: グループレッスン