fbpx

赴任向けコラム-中国のキャッシュレス事情

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任の方、中国出張が多い方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国のキャッシュレス事情】

中国で様々な買い物をする際には、クレジットカードを利用すれば良いと考えている人が多いのですが、実際には中国国内ではあまりクレジットカードが使えないと言う実態があります。これは中国当局の指導により中国人が使うクレジットカードは銀聯カードに限定されているためです。銀聯カードは中国人民銀行が発行するカードであり、不必要な資金の海外への流出を防ぎ、国内の資金の維持を確立するために中国当局が取り決めたルールで運用されています。中国への旅行者がよく利用する空港やその周辺の店舗では一般的なクレジットカードを利用することができますが、その他では基本的に利用することができない点に注意をしなければなりません。

それではほとんどの買い物には現金を使用することになると考えられがちですが、実際には中国では現金もあまり利用されていません。その一番理由大きな理由は現金の信用度が日本に比べ低いからです。路面店や市場なども多いため直接食材などを素手で触って、その汚れた手で直接紙幣を触ることから紙幣が非常に濡れて汚れてしまうことも多く、またそのままポケットなどに入れるためにしわくちゃになってしまい本物かどうかを判断することが非常に難しく偽札も横行しているという問題もあります。

そのため、ほとんどの店舗やネットショップではwechatPay(微信支付)やAlipay(支付宝)などのスマホ決済を導入しているところが多く、逆に現金はあまり好まれません。日本でも百貨店やドラッグストア、ローソンなどのコンビニでwechatPay(微信支付)やAlipay(支付宝)を使える店が増えてきました。小さな路面店や個人商売の人でもQRコードを準備すれば支払いが受け取れるので、店によっては現金を受け付けていないというところもあります。中国でスマホ決済をができないとかなり不便なことになるでしょう。

現地で買い物をする際にはスマホ決済を持っていると非常に便利ですが、外国人が利用するにはハードルも高いのが現状です。最近では短期旅行者がこれらのスマホ決済が使えるよう規制を緩和したというニュースもありました。日本でもpaypayやLINEpayなどスマホ決済利用が進んできましたが、中国では日本に比べはるかにその普及が進んでおり、赴任する方にはぜひとも活用してほしいサービスです。

お勧めレッスン: 中国赴任前短期レッスン