碧螺春

2017年3月6日~3月12

 

碧螺春(bi4 luo2 chun1)(へきらしゅん)は、緑茶で、中国十大銘茶の一つ。産地は、主に江蘇省の太湖の島洞庭山である。清の康煕帝が南巡した折、この茶を賞味し、名前が蘇州語で「嚇煞人:(茶の香が素晴らしくて)びっくらたまげたー」という卑俗な表現を厭い、色が緑で形が螺旋で香が馥郁としていることから「碧螺春」と直々に命名し、それ以降、宮廷で使用するお茶として納めさせたという故事来歴が特に有名である。形状が、他の緑茶に見られない、白い産毛を持ち、螺旋形をしているところに特徴がある。この白い産毛の多いほど、風味が高いと言われる。他の緑茶にはない甘く香しい風味から、中国内外で知名度が高い。

***********************************

効   能

血行促進、血管強固、色素沈着防止、滋養強壮、リラックス効果

入 れ 方

1.グラス(蓋碗)の底に少しだけ熱湯を入れる。

2.すぐに茶葉を入れる

3.茶葉が開くのを待つ&その様子を観察する

4.熱湯を注ぐ

碧螺春 (2)

***********************************