fbpx

おすすめ中国語ドラマ【知否知否応是緑肥紅痩】

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国語学習者にお勧めの中国ドラマをご紹介します。ドラマを見ることで日常的に使える中国語表現をたくさん学ぶことができます。気になるドラマはぜひチェックしてみてください。ドラマをよく見る方は中国語の上達も早くなります!

【知否知否応是緑肥紅痩:2018年】

(Zhīfǒu zhīfǒu yīngshì lǜféi hóngshòu)

日本語タイトル【明蘭~才媛の春~】

このドラマを手掛けたのは、2015年のドラマの最高傑作とも称された『琅琊榜』と同じ制作スタッフです。本ドラマも期待通りの大ヒットとなりました。

時代は北宋です。家族の愛を受けずにそだった明蘭(Mínglán)が寧遠候府の御曹司に見初められ、やがて結ばれます。母の死、嫉妬、復讐、政権交代、権力争い……さまざまな困難を経て二人の愛はますます大きくなっていきます。優れた才知で夫と家を支えた女性の一大絵巻です。

关心则乱(Guānxīn Zéluàn)の同名小説をドラマ化しました。「知否知否应是绿肥红瘦」というタイトルは宋代の女流詩人、李清照(Lǐ Qīngzhào)の『如夢令』の詞を引用したものです。「知否」とは「知っていますか」という疑問形で、「应是」は「~であるべき」、「绿肥红瘦」は「葉は緑濃くなり、花は色あせていく」という意味です。

詞の中では、大雨が降った翌朝、奥様が二日酔いで朝寝坊しているところに召使いが入ってきて、朝になったことを告げます。召使いに「庭の花はどうなったの」と尋ねたところ、「昨日のままですよ」と答えるのです。そんなはずはありませんから、奥様は「わかっているのかしら、雨で花が散ってしまって、葉ばかりになっているはずよ」とつぶやきます。風流な奥様と田舎育ち召使いの対比をユーモラスに描いています。

作者の关心则乱は、この詞に出てくる気ままに朝寝ができる奥様のように明蘭も満ち足りた生活を送れるように、という意味を含ませたようです。

原作では架空の時代設定だったのですが、ドラマでは視聴者が受け入れやすいよう北宋に設定しました。北宋は960年に趙匡胤が建国した王朝です。女真族の金に華北を奪われ南遷した1127年以前を北宋、以後を南宋と呼び分けています。文治主義を採用し、科挙制の確立によって中央集権的な君主独裁体制を構築しました。都は開封で、このドラマでも開封が舞台となっています。

ヒロインを演じたのは趙麗穎(Zhào Lìyǐng/チャオ・リーイン)で、2010年に日中合作ドラマ『蒼穹の昴』に出演しています。ファンタジー史劇『花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~』では記録的高視聴率を叩き出し、さらに『楚喬伝~いばらに咲く花~』で視聴率女王の名を不動のものにしました。


相手役の馮紹峰(ウィリアム・フォン/Féng Shàofēng)は、勇敢な将軍と部落の巫女の切ない恋愛を描く歴史ドラマ『蘭陵王』に主演した実力派俳優です。実はこの二人、本ドラマよりも前に公開された映画『西遊記之女兒国』ですでに共演しており、そのときから噂になっていました。本ドラマはそれに続く共演だったのですが、撮影が終わってからドラマの放送に入るまでの間に結婚に至りました。そんな二人の演技にも注目です。

 

 

お勧めレッスン: グループレッスン