fbpx

おすすめ中国語ドラマ【私のキライな翻訳官】

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国語学習者にお勧めの中国ドラマをご紹介します。ドラマを見ることで日常的に使える中国語表現をたくさん学ぶことができます。気になるドラマはぜひチェックしてみてください。ドラマをよく見る方は中国語の上達も早くなります!

【亲爱的翻译官:2016年】(qīnàide fānyìguān)

日本語タイトル【私のキライな翻訳官】

中国ドラマ史上、初めて通訳業界にスポットをあてた大人のラブストーリーです。原作は缪娟(Miào juān)の人気小説『翻訳官』。2016年に湖南省の衛星放送「湖南衛視」で放送され、総視聴回数100億回を突破して大ヒットしました。

舞台はスイスから始まります。フランス語の通訳を目指す苦学生・喬菲(チャオ・フェイ/Qiáo Fēi)は、チューリッヒ大学に交換留学していました。ある日、悪魔のような男性から通訳のミスを指摘され、そのせいで奨学金を打ち切られてしまうのです。そして6年後、上海の高等通訳院の面接を受けた彼女の面接官は、なんと例の悪魔でした! なんとか実習生になったものの、通訳の天才でありドSな彼と衝突してばかり。そんな中でも彼女は徐々に彼のプロフェッショナルな仕事ぶりに惹かれていきます。いっぽう彼は血の繋がりのない兄の恋人をずっと慕い続けていて……。美男美女が織りなす恋愛模様に目が離せません。

通訳という仕事の難しさ、厳しさもしっかりと描かれていて、お仕事ドラマとしてもいろんな見どころがあります。「香水は通訳には厳禁!」など意外な通訳マナーも登場したり、通訳する際の正確さ重視の原則や、厳しい練習方法なども描かれています。

ヒロインを演じる楊冪(ヤン・ミー/Yáng Mì)は大ヒット作『宮パレス~時をかける宮女~』に出演していました。そのとき「ヤン・ミーの古装劇(時代劇)にハズレなし!」と言わしめましたが、今回のような現代劇もステキですね。清楚で美しい顔立ちに抜群のスタイルで、毎回ステキな服をさらりと着こなしています。通訳の業務にあたるときの落ち着いたスーツ姿は、オフィスでのファッションの参考にできそうです。

相手役の黄軒(ホァン・シュアン/Huáng Xuān)は、2016年のメガヒットドラマ『ミーユエ〜王朝を照らす月〜』や、日中合作映画『空海―KU-KAI―』に出演した大人気の俳優です。本作では、クールで意地悪な教官でありながら恋人にツンデレぶりを見せるという、ユニークな役柄を披露しています。

兄役、高偉光(ガオ・ウェイグァン/Gāo Wĕiguāng)は元モデルというだけあって190cmのイケメン。その恋人役の周奇奇(Zhōu Qíqí)もまた『空海―KU-KAI―』や2015年大ヒットドラマ『琅琊榜』に出演するなど、近年活躍が目覚ましい女優です。

このドラマでは日常会話に使えそうな中国語が盛りだくさんなので、ストーリーを楽しみながら中国語を学ぶことができます。ドラマの原題『亲爱的翻译官』は「親愛なる翻訳官」という意味ですが、邦題は「私のキライな翻訳官」という逆の意味のタイトルがつけられました。キライなところから好きになっていくという少女マンガのような展開を予測できる、面白いタイトルとなっています。

 

 

お勧めレッスン: グループレッスン