fbpx
 

池袋中国語コラム 中国の干支-你属什么

今回のコラムのテーマは「干支」です。干支は中国の商代に始まったと言われ日本に伝わっているのでその起源は中国にあります。よく言われるのが日本では「猪」だけど中国は「豚」だったりします。どんな由来から干支が始まったのでしょうか?では実際の話を見ていきましょう。

 

你属什么

你能背下来十二生肖吗?你属什么呢?今天我们来讲一个关于十二生肖的故事—老鼠为什么怕猫

在古代,人们是用十二地支来给时辰命名的。但是地支的名称很古怪,人们总是记不住,所以引起了许多麻烦。玉皇大帝就想出了一个办法,准备选十二种动物,用它们和十二地支相配,帮助人们记忆。但天下的动物太多了,怎么选呢?玉皇大帝定了一个日子,让动物们自己去天庭报名,前十二种动物将被选上。动物们很兴奋,都希望自己是十二个幸运的动物中的一个。(谁是最幸运的呢?敬请期待以后的内容)

 

あなたの干支は何ですか?

十二支の干支を諳んじることができますか?あなたの干支は何ですか?今日は十二支に関する物語・・・なぜネズミは猫を怖がるのか?を話したいと思います。

古代では人々は十二支で時刻を名付けていました。しかし十二支の名称はおかしく、人々はいつも覚えることができなくて、多くの面倒を引き起こしていた。そこで玉皇大帝はある方法を思いつき、十二種類の動物を選び、十二支に当てはめ、人々が覚えやすいようにしようと考えました。けれども世の中には動物が数多くいるので、どうやって選ぼうかと思いました。玉皇大帝は日にちを決め、動物達に天庭で自ら申し込みをさせ、十二種の動物を選ぼうとしました。動物たちはとても興奮して、誰もが自分こそ十二の幸運な動物の一人になりたいと思いました。(誰が最も幸運だったのでしょうか?今後の内容をお待ちください)

 

十二支方角

猫和老鼠是邻居,又是好朋友,它们也想去报名。可是猫总爱睡懒觉,它怕自己起不来,就让老鼠第二天叫自己起床。第二天早晨,老鼠早早地就醒了,可是它忘了叫醒猫,就急急忙忙出发了。走到半路时,一头牛从后面赶上了老鼠。牛的个子大,步子也大,它每走一步,老鼠得跑好几步。老鼠心想,路还远着呢,我都快跑不动了,必须想个办法才行。(老鼠想了什么办法呢?敬请期待明天的内容。)

猫とネズミは隣に住んでおり、かつ良い友達で、彼らもまた参加したいと思いました。しかし、猫はいつも朝寝坊するので自分が起きられないことを恐れ、ネズミに次の日に起こしてくれるよう頼みました。翌日の早朝、ネズミは早々と目を覚ましましたが、猫を起こすのを忘れてしまい、大急ぎで出発しました。半分ほど進んだとき、一頭の牛がネズミの後ろから走ってきました。牛は体も大きく、歩幅も大きいので牛の一歩がネズミの走る数歩分でした。ネズミは心の中で、「道はまだ遠く、私はずっと走れないだろう、何かいい方法を考えなければならない。」(ネズミはどんな方法を考えたのでしょう?明日の内容にご期待ください。)

猫と鼠2

老鼠对老牛说:“牛大哥,让我给你唱支歌吧,这样走路会轻松些。”老牛说:“好呀。”老鼠就唱了起来,可是牛什么也没听见,还问:“你怎么不唱?”老鼠说:“我在唱呢,你没听见吗?哦,可能因为我个子太小,离你的耳朵太远,你才没听见。如果我骑在你的脖子上唱,你就听得见了。”老牛说:“好主意!”于是,老鼠就爬到了牛脖子上唱起来。(之后的故事怎样呢?敬请期待明天的内容。)

ネズミは牛に「牛の兄貴、私があなたに歌を歌ってあげるよ、そうすれば道中リラックスして行けるよ」と言った。牛は「いいね」と言いました。ネズミは歌い始めましたが、牛には何も聞こえなかったので、牛はまた聞きました。「君はなんで歌わないんだい?」ネズミは「今歌っているよ、聞こえないのかい?あ~、たぶん僕が小さすぎるから、君の耳から遠すぎるんだろう、それで聞こえないんだ。もし僕が君の首の上に乗って歌えば、聞こえると思うよ」と言うと、牛は「いいアイデアだ」と言いました。そこでネズミは牛の首まで登って歌いだしました。(この後はどうなったでしょう?明日の内容にご期待ください。)

老鼠和牛

老鼠爬到了牛脖子上唱起歌来:“牛大哥牛大哥,过小河爬山坡,要问世界谁最棒?牛大哥和我——”老牛一听,跑得更快了。他们跑到天庭门口时,看见谁也没来,牛高兴地叫起来:“我第一!我第一!”牛还没说完,老鼠就已经从牛身上滑下来,先一步站到了牛的前面。就这样,老鼠得了第一名,牛排在了第二名。(那么猫到底来了没有呢?明天你就会知道答案,敬请期待。)

ネズミは牛の首にまで登りきり、歌いだしました。「牛の兄貴、牛の兄貴、川を越え山を登り、世界で最もスゴイのは誰ですか?それは牛の兄貴と僕ですよ~。」牛は聞くやいなや、さらに早く走りました。彼らが天庭の入口に着いた時には、まだ誰も到着していなかった。牛は喜んで「俺が一番だ~俺が一番だ~」と叫びました。牛がまだ言い終わらない内に、ネズミはすでに牛の体から滑り下り、先に一歩を踏み出し牛の前に出ました。これにより、ネズミが第一位で牛が第二位となった。(ではあの猫は結局来れたのでしょうか?明日答えが分かります、乞うご期待。)

十二支

こんにちわ、今日で「你属什么」は最後になります。干支の順番、なぜ猫がネズミを追いかけるかが分かりましたね。

不久,其他的动物也一个一个到了,它们是:虎,兔,龙,蛇,马,羊,猴,鸡,狗和猪。老鼠高高兴兴地回到家后,这才想起好朋友猫。它跑到猫的家里一看,猫还在睡大觉呢。猫没有被选上,气坏了。从这以后,猫一见老鼠就咬,老鼠也总是怕看见猫。(谢谢您的关注,十二生肖的故事就结束了。)

長いことなく他の動物たちも一人また一人と到着しました。彼らは:虎、ウサギ、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬と豚。ネズミは大喜びで家に帰ると、猫のことを思い出しました。ネズミは猫の家に走っていき見ると、猫はまだ大いびきで眠っていました。猫はこうして十二種の動物に選ばれることなく、ものすごく怒りました。これからというもの、猫はネズミを見ると噛みつこうとし、ネズミもいつも猫を見ると恐れました。(最後までお読みいただきありがとうございます。十二支のお話はこれでおしまいです。)

猫と鼠

 

 

トップに戻る