fbpx

池袋中国語コラム 中国新一線都市紹介~寧波~

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【汤圆之乡:寧波】

中国浙江省北東部の商業都市でして、東シナ海にそそぐ甬江に臨み、古くから日本や南海との交易で繁栄していました。寧波の人々は、暑い夏も寒い冬の日も、休日になるとよく出かけます。週末や休日は、天気がよければ寧波一の繁華街である天一広場や、天一広場の西にある月湖に、多くの人が集まり、家族や恋人、友人との時間を満喫しています。基本的には誠実かつ信用でき、とても温和な性格をしています。そういった人々が多いせいか外国からの観光客にも人当りがよく、居心地の良い街です。

 

~寧波概要~

 

寧波は、浙江省の副省級都市であり、国の今後の重要成長都市として計画されていました。中国南東部沿岸の重要な港湾都市であり、国務院が定める長江デルタ南翼の経済の中心地で、東には舟山諸島を自然の障壁としています。 2019年現在、市の管理下には6つの区、2つの郡、2つの郡級市があり、総面積は9,816㎢、住民人口は8,54万人となっています。 寧波は典型的な江南の水の郷・港町であり、中国大運河の南の出口であり、東は「海上シルクロード」の起点となる港でもあります。 寧波舟山港の年間貨物処理量は世界第1位で、コンテナ量は世界第3位にランクされ、内陸水路港、河口港、海港を統合した多機能、総合的、近代化された深海港です。気候としては寧波は亜熱帯モンスーン気候に属し、温暖湿潤で、四季がはっきりとしています。年間平均気温は16.4℃で、7月が1番暑く、平均気温が28℃あります。1月は1番寒く、平均気温は5.4℃です。寧波は浙江省の八大水系の一つとして、河川は余晀江、奉化江、甬江があり、余晀江は上虞県の梁湖、奉化江は奉化しの斑竹の源を発し、2つの川は市街区の「三江口」で甬江と合流し、北東へ流れ、招宝山を経て東海に流れます。寧波のイメージスローガンに「書蔵古今、港通天下」があり、古今東西の歴史的書物を抱え、港が全世界に行きわたっていることを指し、世界的にも幅広く名をはせています。

 

~観光~

 

台湾海峡の両側にある有名な西口鎮のほか、寧波は西明山の西側、東シナ海の東側に位置しているため、寧波独特の自然景観があり、松蘭山、九峰山、九龍湖、烏龍潭、南渓温泉、汝河邱観光風景区、東浙江大峡谷などの自然景観も寧波の観光スポットとして有名です。代表的なものを紹介します。

 

鳳華西口鎮(fèng huá xī kǒu zhèn)

 国家重点景勝地である西口は寧波市の南西40キロに位置する鳳華西口鎮にあります。東は武陵、南は豫園渓、北は雪頭山に近く、美しい景観を保有しています。この景観は中国東部の主要な観光ルート上では真珠と称されており、「国家AAAAレベルの観光エリア」と「浙江トップ10美しい景色の楽園」の一つとして知られています。観光愛好家に非常に支持されています。西口-雪頭山風景区は紫明山の東端に位置し、鳳華市の北西13キロ、寧波市から37キロに位置します。 西口鎮、雪頭山と頂夏湖の3景区、32.6㎢の面積は、1985年8月に発表された省レベルでの18の重要な観光スポットの一つにも指定されています。 国の重要景勝地であり、国有林公園に指定されています。 漢の時代には「海の蓬莱」と呼ばれていました。その支流である鳳華江の河口に位置する西口鎮は、西口と呼ばれていますが、千年以上の歴史を持つ山間の田園地帯にある古都で、武山寺があります。面積は1.2㎢で、東は武山を枕にし、西は亀山、北は白岩山、南は筆化山と4つの山に面しています。 緑の丘に囲まれていて、川が流れていて非常に風情があります。 清代の文人たちは「河口の十景」と呼んでおりました。主な見どころは、武山寺、武陵門、文昌亭、武陵学校、江の旧居鳳凰の間、小舎、豫泰塩屋、大宝寺、毛沢東の墓、武陵公園、江の母の墓などがありまして、絶景がいたるところにあります。

 

天一閣(tiān yī gé)

天一閣は寧波市の中心に位置し、明の40年、退官した右腕の陸軍大臣范秦の援助で建てられたもので、現存する中国最古の私設図書館でもあります。アジア最古の現存図書館であり、世界で最も早い御三家の図書館の一つです。 秦の8番目の孫である樊毛集が多くの書物を寄贈した結果、清朝の乾隆帝は、天意亭の家屋や書庫の地図作成や、有名な「七亭」の建設を命じ、これを利用して、「四川書房」を収集しました。 中国人民解放後、周恩来首相の関心と多くの地方の書物収集家の反響のもと、天一閣の貴重書の数々が復活し、貴重書コレクションは8万冊以上に達しました。天一閣そのものは多くの時代の変遷を見届けており、歴史は長いです。「国家AAAAレベルの観光エリア」として指定され、寧波が「書物の香りのする寧波」、「詩と絵画の都市」というような意味合いで知られるようになったのは天一閣のおかげです。都市だけでなく、国にとっても自慢できる観光地です。

 

月湖(yuè hú)

 月湖は寧波の南西にあり、湖は約 0.2 ㎢の区域で長くて細いです。 宋・元の時代には、月の湖の上に十大陸と呼ばれる建造物が建てられていました。 南宋の紹興時代に、東屋を広く建てられ、湖のあちこちに花木が植えられ、次第に月湖に十大陸を形成していました。 宋・元の時代から浙江省東部の学術の中心地であり、学者や学者が集う場所でもある月湖。 今では寧波で最も重要な歴史文化保護区となっている。また、天一閣とペアとして「国家AAAAレベルの観光エリア」として指定されています。

 

浙江省大瀑布(zhé jiāng shěng dà pù bù)

浙江省寧波市寧波県連光山景勝地にある「象洞吊滝」です。 梁黄山の玄武天皇がそこに兵を駐屯させていた時には、この滝が唯一の登り口となっていました。 渓谷の風景は滝が支配しており、雄大な景色が眼前に広がっています。滝の景勝地には神亀の護衛、百種類の経典の聴聞、マカクザル崇拝観音、心を洗う風景、消音の滝、孔雀の滝、虹の滝、七つの妖精の滝などのそれぞれに特徴のある風景があり、それぞれに言い伝えが残っています。 また、天門の滝や願い丹を見下ろすことができ、健康、恋愛、出世などの願い事ができ、玄徳天皇と徐雪が共同で踏んだ「上馬石」に登って幸運を祈ることができます。緑雲泉で遊んでいる間、人生の浮き沈みを感じることができ、百種聴経と洗心丹は人生の禅の機会を感じさせる風景です。

 

 

~料理~

 

寧波料理は、中国八大料理の一つで、浙江料理の一派で香辛料を多用しないので日本人には食べやすいです。海に面しているので、海鮮を使ったものが多く、塩漬けを多用することでも知られています。代表的な料理をいくつか紹介します。

 

黄魚(huáng yú)

黄魚は浙江省寧波市と舟山市の伝統料理で、浙江省の料理に属します。 タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富で、脾臓と胃を強化し、神経のバランスを良くし、赤痢を止め、気の恩恵を受け、本質を満たすことができ、貧血、虚弱体質、中年期、老年期、不眠症、めまい、食欲不振、女性の産後の欠乏症に良い効果があります。 さらに、黄魚の成分にセレンとよばれる元素が豊富に入っており、それは調理されたハム、鶏肉や他の優れた補助食材と組み合わせることで癌の様々なタイプの老化、予防と治療を遅らせることもできます。1つから3つの新鮮で、味が豊かで、まろやかな味わいを楽しむことができます。黄魚のあげ方には注意を払う必要があり、調理されたものは色は黄金色でカリっとした外側と内側の柔らかいものになります。絶品ですので、機会があれば、ぜひ足を運んでください。

 

宁波汤圆(níng bō tang yuán)

汤圆は浙江省寧波市の有名な中国のお菓子の一つで、中国として代表的なお菓子の一つでもあります。春節等の休暇の食べ物の習慣でもあります。 非常に長い歴史を持っておりまして、書物によると起源は宋の時代からだそうです。 当時、明州(現浙江省寧波市)では、黒胡麻、豚脂油、少々の白砂糖を詰め、もち米粉でボール状に巻いた汤圆が人気でした。 もち米のおにぎりが鍋で炊かれて浮いたり沈んだりすることから、最初は「浮元子」と呼ばれ、後に一部の地域では「浮元子」と改名されました。 一般的な中国人とは異なり、寧波の人々は春節の朝に集まって一緒に食べる習慣があります。甘くて、なめらかでおすすめの料理です。

 

寧波千层饼(níng bō qiān céng bǐng)

中国浙江省寧波市鳳華区西口鎮の名物「寧波千层饼」は、国家地理表示商品の一つです。一般的な千层饼を食べたことがある方は多いと思いますが、寧波千層餅は甘さと塩気のある味付けがとても奇抜になっています。四角い形をしていて、27層の層があり、金色と緑色とカラフルでして、サクサクしていて、人々の口を潤して、食べ飽きないです。 口の中がふわっとしていながらも噛み応えもあるなどの特徴があり、後味が良いので毎日食べる人も多いです。食べたら手が止まらないこと間違いないです。

 

冰糖甲鱼(bīng tang jiǎ yú)

浙江省寧波市の伝統料理の中でも特に有名なのが「冰糖甲鱼」です。 使われているのは亀でして、岩飴亀と呼ばれています。寧波中源楼から始まった寧波の十大料理の内の1つです。口当たりが柔らかくしっとりとしていて、甘み、酸味、塩気があり、独特の風味があることが特徴です。 この料理は強壮剤の一種で、亀と岩糖を一緒に煮込んだことで、陰を養い、体内を調整し、元気を補充し、気を養い、夏バテを防止するなどの効果を持っています。亀を主原料とし、岩糖などの薬味を加え、鮮やかな黄色に仕立て上げ、美味しく、亀の肉汁に包まれた熱い油で調理しているので、長時間保温することができます。 たんぱく質、ヨウ素、鉄分、ビタミンB群などが豊富に含まれています。

 

~まとめ~

 

旅行は経験であり、未知の世界への憧れであり、これまでの自分自身とは異なることができるとても良い機会です。仕事で疲れを感じたときに、寧波に行くのが良いでしょう。日本からも近く、休暇を取って遊びに行きやすいです。寧波の自然は他にはないほど美しい景色が多く、まるで絵画のようです。心も体もリフレッシュすること間違いないです。ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語