fbpx

池袋中国語コラム 中国新一線都市紹介~長沙~

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【毛泽东故居:長沙】

長沙は中国中南部の重要な商業都市で、経済はサービス業を主とし、中でも特にマスコミ関連や娯楽事業で有名です。ここ数年では、工業化推進のためハイテク技術産業と機械製造業がめざましい発展を遂げています。GDP総額が石家荘、ハルビンを上回ったことに続き、全市生産総額は済南、鄭州の2市を上回って3744.8億元に達し、中国省都都市の一つに数えられるほど大きな都市です。 
長沙はすでに水・陸・空すべての交通システムが整備されておりとても便利です。長沙黄花国際空港では39路線の便が就航し、北京、上海、香港、バンコクなど大都市からの直行便があります。

 

~長沙概要~

長沙は「星城」(xīng chéng)としても知られ、湖南省の首都です。国務院によって承認された中国の長江の中流の重要な中心都市です。中国の重要な食糧生産地、また、長江の中流と長江経済ベルトの重要な接点都市で、国の定める「2つの型を持つ社会」のための試験地区でもあります。つまり、一つの都市で、食糧生産と経済地区の両方を兼ね備えています。全国的な物流の中心地でもあり、北京-広州高速鉄道、上海-昆明高速鉄道、重慶-厦門高速鉄道が交差しています。長沙は中国中部、湘江の下流、長流盆地の西端、東湖南省の北にあり、東は江西省の宜春と平翔に、南は株洲と湘潭に、西は娄底と宜陽に、北は岳陽と宜陽2都市に隣接しています。市はその管轄下に6つの地区と1つの郡、および2つの副都市があり、総面積は11,819㎢で、市街地は567.32㎢です。2019年の時点で、地域のGDPは1兆1,574億2,200万元、居住人口は8.3945百万人、都市化率は79.56%を到達しており、永住者は200万人にも達しています。

長沙は国が指定した最初の歴史文化都市の1つであり、3千年経っても名前と場所は変更されていません。「曲嘉の故郷」、「楚漢の名城」、「小仙市」としても知られています。三国武建、岳麓学院、通関窯などの歴史的遺物も多くあります。長沙は改革運動と清朝末期の古い民主革命の起源の1つであるだけでなく、新しい民主主義の発祥の地の1つでもあります。黄兴、蔡锷、刘少奇などがとても有名です。長沙は、東アジアの文化的首都、および世界の「メディアアートの首都」で最も国際的なイメージを持っている都市の一つです。「テレビ湖南軍」、「湖南軍の出版」、「アニメ湖南軍」などの文化的ブランドを作成しています。長沙には51もの高校、 97もの独立した科学研究機関、14の国立工学技術研究センター、15の国立主要工学研究所があります。また、「天河」と呼ばれるスーパーコンピューターや国内初の3D焼結プリンターなどの科学的研究成果も多く残している都市です。

 

~観光~

中国でも、毛沢東主席の面影を強く残す都市はそれほど多くありませんが、湖南省の首都である長沙には毛主席の頭像が飾られています。芸術家や作家が集まる長沙は、中国文化を理解するには非常に貴重な場所です。

 

橘子洲(jú zi zhōu)

橘子洲は南から北に向かう向江にある有名な島で、川の中心部を通り、西にある川のふもとの丘に向かって、東にある古代都市を面しています。十四洲風景区は、全国の文明風光明媚な観光エリアであり、国の代表的な観光紹介サイトでは必ず紹介される場所で、瀟湘八景の8つの風光明媚なエリアの1つです。長沙の「山、水、大陸、都市」を目的としたツアーではメインの要素を担っています。景勝地の元の面積は約17haで、そのうちオープンスペースは約6haです。島内には数多く景勝地があり、現在新たに建設しています。「エコロジー、文化、観光、レジャー」というテーマに重点を置き、建物を最大限に活用、保存、保護し、歴史的および文化的特徴をさらに強調し、歴史的背景と特徴を統合しています。庭園と文化的景観の組み合わせは、人間と自然の調和を強調しています。祝日には祭りが催され、島の花火は見逃せない視覚のパラダイスになっています。

 

岳麓山(yuè lì shān)

江西海岸の岳麓山は長沙を代表する山です。岳麓学園や愛湾閣などの史跡が多くあります。山には緑豊かな木々があり、古くて有名な木々が随所に見られます。また、地元民もハイキングやレジャーで頻繁に訪れます。風光明媚なエリアには、南門と東門(北門とも呼ばれます)の2つの入口があります。山の麓にある岳麓学園、青峰峡の愛湾閣、1700年以上の歴史を持つグルシャン寺院、山頂にある雲の宮殿など、大部分の文化的名所は南門の近くにあります。また、山の中には黄興、陳天華、蔡英などの革命殉教者の墓地があります。景勝地の東門はロープウェイ下駅近くにあり、ロープウェイ上駅は景勝地として南泥湾山荘があります。近くには望王碑や望石洞などの景勝地もあります。岳麓山は巨大な「植物博物館」でもあり、晋時代の松、唐王朝のイチョウ、宋王朝のシナモン、明王朝、清王朝のカエデ、栗などの古くて有名な木が長年植えられています。山中には多くの甘木が生い茂っており、毎年11月中旬から12月上旬に紅葉を見に来ることは、長沙でロマンチックなデートスポットの一つにもなっています。おすすめとして藍湾亭と黄興墓は紅葉を見るのに良い場所です。風光明媚なエリアにはケータリングサービスポイントがたくさんあるので、遊ぶときに食べ物を気にする必要はありません。景勝地は観光バスも運行しており、南門と東門にバス停があり、終点は山の「観光回廊」になっており、手ぶらで1日中楽しむことができます。

 

湖南省博物馆(hú nán shěng bó wù guǎn)

湖南省博物館には豊富な文化遺跡があり、馬王水漢墓は非常に独特です。 馬王水漢墓の展示は、湖南省博物館の主要な展示物です。 展示ホールには、セミの羽で作られた無地の衣、よく保存されているコットンローブ、さまざまな上質で美しい刺繍、鮮やかな塗装の漆器、精巧なシルク絵画、豊富なシルクの本、洗練された彫刻があります。 あらゆる種類の木製人形、ピアノ、琴、笛などの楽器や武器も多く保管されています。 また、地下に保存されている女性の死体や内臓、復元された巨大な棺も展示されています。 3,000を超える貴重な文化的遺物が、馬王堆漢墓の3つの漢墓から発掘されました。それらのほとんどはよく保存されています。 セミの羽のように薄く、長さ1.28m、長袖、わずか49gの重さのある平織りの単衣があり、優れた製織技術を感じさせます。 10万語以上のシルクの本は、3号墓から発掘されました。 漢墓2号から発掘された地形図の描き方は、現代の地図とほぼ同じレベルです。

 

石燕湖(shí yàn hú)

石燕湖は長沙、株洲、湘潭の交差点にある丸天井馬郷にあり、長沙郊外のサファリパークです。山と静かな湖に囲まれた、自然の酸素バーであり、都会の人がレジャーで休暇を過ごすのに最適です。石燕湖には、深い歴史と長い文化の歴史があります。舜皇帝が南部の遠征中に残した舜帝石、関公の跳馬場、玉平峰、漢王朝の医学の聖人である長沙太守の張中京が足跡を残した百草園には、豊かな歴史的文化財産が多くあります。風光明媚なエリアには、ウォーターアミューズメントセンター、競馬クラブ、ダイビングクラブ、ビーチスイミング、トレーニングベース、石燕湖サファリパークなどプロジェクトが数多くあります。ドラゴンボートレースは石燕湖の大きな特徴です。鳳林の黄金色の秋のレースはドラゴンボートレースでいっぱいで、誰もが大きなボートを漕いで走り、とても活気があります。エリア内の動物の素晴らしいパフォーマンスも見られます。注目の動物は、高度綱渡り、優雅な姿勢をした4歳のクマです。また、エリア内にはゴーカート、乗馬、バンパーカー、ヨットなどの娯楽施設があり、楽しめること間違いありません。

 

~ご当地グルメ~

 長沙の下町の食事は種類が数多く存在します。四川風の辛さとはまた違った辛い料理が多く存在する一大グルメ都市です。どんなに舌が肥えている方でも、長沙では必ずおいしいと思える満足する食事に出会うことができます。食べたら病みつきになること間違いなしです。下記に代表的ないくつかの料理を紹介します。

 

臭豆腐(chou dòu fu)

湖南と長沙といえば、誰もが湖南衛星テレビの存在について最初に思い浮かべることでしょうが、長沙、湖南の軽食と珍味は絶対に見逃せません。 そして、これらの料理にもランキングがあります。 まず第一に臭豆腐です。長沙で最も有名な料理は当然のことながら、長沙を全国的に有名にし、国内外で名を欲しいままにした代表的な料理です。 臭い豆腐は、豆腐のにおいがするのではなく、塩水に漬け込むと独特の臭いがします。この独特なにおいは決して嫌なにおいではないですが、一般的には豆腐から出るものとは思えない匂いから臭い豆腐と言われます。 焼きたての臭い豆腐は臭くなく、逆にさわやかな香りがします。おすすめの一品です。

 

唆螺(suō luó)

主な材料は河に住むカタツムリと田んぼに住むカタツムリで、湖南省の河に住むカタツムリはどれもとても小さく、決して大きくはありません。 大きいのは田んぼに住むカタツムリです。 店主はまずトングでお尻を取り除き、殻を洗い、各店の秘伝のタレで調理し、殻の肉にソースの風味を煮込ませます。食べるときは、カタツムリの開口部をやさしく包み込み、殻に染み込んだソースで美味しいカタツムリ肉を味わってください。大変美味しく、賞賛の言葉しか出ません。湖南は辛みが強く味が強いので注意して食べてください。うまく辛みを調節して食べると良いです。

 

杨裕兴面条(yáng yù xīng miàn tiáo)

杨裕兴面条は地元民に非常に愛されている麺であり、 その特徴は、素材の適切な選択、丁寧な作りこみ、そして絶妙な調味料にあります。 柔らかな味わいで、麺を調理するときは、広いスープと茹で物に注目してください。スープは、豚の骨と母鶏を煮込んだもので、人気のあるポークヌードル、スパイシーヌードルから高級カニの黄色とホタテのヌードルなどすべての料理に使われています。 朝から晩まで多くのお客さんがその麺を食べています。

 

まとめ

旅行は経験であり、未知の世界への憧れであり、これまでの自分自身とは異なることができるとても良い機会です。長沙に行くと美しい自然風景、中国の歴史を多く体験することができます。四季もはっきりと感じることができ、自身の知識も増え、見たこともない景色で必ずや満足することでしょう。ぜひ足を運んでください。

 

池袋中国語コラム 中国新一線都市紹介~東莞~へつづく

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語