fbpx

赴任向けコラム-中国の大気汚染事情

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任の方、中国出張が多い方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の大気汚染事情  】

中国では大気汚染が非常に深刻になっており、現在は国を挙げてその対策に乗り出していると報じられています。しかし現地の状況は決して芳しいものではなく、室内であっても空気清浄機を使用しないと生活をすることができないといった状態にまで至っているところも少なくありません。

中国は急激な高度成長を行い、無作為に工場などを設立し操業したことで大気汚染問題が非常に深刻となっています。PM2.5などは日本にも飛来していることから非常に有名ですが、その他にも従来日本で大きな問題となった光化学スモッグやその他の要因が非常に多くなっていることから、現地に赴任する際には大気汚染に対する注意が十分に必要です。小さな子供がいる家庭はより注意が必要です。状況を見て、マスクをする、空気清浄機を設置する、大気汚染がひどい時は外出しないなど対策を考えましょう。業務の都合上仕方がないこともありますが、可能であれば極力、大気汚染を避けることも必要となります。

近年中国国内でも大気汚染問題が非常に大きな懸念事項となっており、国を挙げてその対策に乗り出しています。しかしその反面、これまで順調に成長を続けていた国内経済の成長率が失速しており、国際的に一時期の大きな影響力を失いつつあると懸念されており、その大気汚染に関する規制の見直しを行う動きも地方部を中心に見られています。そのため、現在では地方部を中心に大気汚染が再度悪化している実態もあり、その点に充分に注意をして赴任をする必要があります。

中国の地方部では特に医療体制も充分でないところが多いため、喘息やその他の健康被害を被ってしまう危険性も少なくありません。そのために事前に可能な限りの状況を把握し、このような地域を避けたり、避けることができない場合には万全の対策を事前に行い準備することが重要です。

お勧めレッスン: 中国赴任前短期レッスン