fbpx

赴任向けコラム-支付宝

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任の方、中国出張が多い方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【支付宝】(zhi1 fu4 bao3)

今回は日本人が中国に来て一番驚く【支付宝】を紹介します。支付宝あるいはアリペイと呼ばれ、アリババ・グループ(阿里巴巴)のQRコードを使った非接触型決済サービスです。簡単に言うと、中国の電子マネーの一つです。スマホのアプリで、アプリ内にお金をチャージして支払いに使えるというものです。中国でモバイル決済サービスは本当に便利で、中国国内の様々な店舗で使用することができます。スーパーやデパートだけではなく、個人商店でも使えます。また、タクシーやバスに乗る時の支払いや水電気の支払い、ネットでの買い物、wechatで個人間など他の人に送金などもできます。アプリで支払い、アプリ内で割り勘にして、友達に請求することも可能です。

中国でここまで爆発的にキャッシュレス決済が普及している要因として、⓵偽札などが多く、日本より現金の信用度が低い、②身の回りのほとんどの場所で支付宝で支払いが可能。逆に日本は電子マネーの種類が多くかつ統一されていない、ことが考えられます。

それでは、支付宝の登録方法を簡単にご紹介します!

 

【用意するもの】必須―SMSが受信できる携帯・中国の銀行口座・パスポート

任意―パスポートを書き留めるメモ

1. 支付宝のアプリをダウンロードする

2.アカウント情報を入力して登録する

3.銀行口座を紐付ける

4.本人確認情報を入力して登録する

支付宝を登録したら実際に使ってみましょう。中国でもちろん使えますが、日本国内の使用状況はどうでしょう。実は、最近中国人の観光客がたくさん日本へ来るので、ますます多くの店で支付宝での支払いが可能になっています。例えば、大手百貨店からローソンなどのコンビニやマツモトキヨシ、ツルハドラッグなどのドラッグストアです。日本国内でも上の画像にあるような「支付宝マーク」をレジ付近で見かけることが多くなっているの、ぜひ登録してみてください!

 

お勧めレッスン: 中国赴任前短期レッスン