fbpx

Category Archives: 中国ビジネス

中国ビジネス向けコラム-ビジネス成功のために

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国でのビジネスの成功】

■中国進出でビジネス成功する為の対策とは?国が変われば対応も変わる!

アジア第一位の土地面積を持ち、人口は約14億と言われ、GDP世界第2位の大国「中国」。これまでにも様々な企業が、中国でのビジネスに乗り出し進出してきました。しかし、闇雲に海外進出してもビジネスの成功には至りません。

■日本と中国では売れる商材が異なる?

例えば、”日本で大ヒット商品した商材を中国でも売ってみたい”と考えた企業があるとします。しかし、入念な中国市場の調査や中国のニーズに適した商材なのかなど、事前調査も行わずに海外進出するのは危険です。

何故なら、日本と中国は同じアジア圏で国同士も比較的近い距離ではありますが、日本と中国では文化や為替、考え方が異なるためです。日本国内でも、北海道と沖縄では地域毎に独自の文化、ニーズが異なります。同様に日本で注目を集めた商材だからといって、中国で売れるとは限りません。

また、コスト面を考慮して、中国市場調査の目的で、中国に在住する専門外の一般日本人などにアンケートや意見を求める企業は少なくありません。調査として効果がゼロとは言い切れませんが、得る情報が偏ってしまう可能性があります。

正確なデータを集めたい場合には、専門知識を有した、その土地の専門家に意見を求めることが大切です。そして、売れる見込みがあるのか、需要はあるのかを見極めた上で、中国進出を考えていきましょう。

■信頼できるパートナーが大切

海外ビジネスを成功させる為に、信頼できる海外パートナーは大切です。現地のノウハウやニーズにも詳しく、日本人とは異なる視点からの意見は、ビジネス成功に向けての貴重なものとなるでしょう。

中国人は仲間意識を大切にするため、友達のように仲良くできる信頼関係を築くことが、有力な海外パートナー獲得の一歩となります。しかし、注意が必要なのは、仕事に対する考え方が日本人とは異なる点です。一度、信頼関係が崩れてしまえば、立場に関係なく厳しい態度を取られることが考えられます。

仕事に対する考え方の違いが火種となり、中国でのビジネスに失敗したという企業もあるようです。友好的な関係を続けていく為にも、中国進出によって働く現地の中国人の人達とより良い関係でいる為にも、コミュニケーションはとても重要です。

“英語は話せても中国語は話せない”という人は、日本でも未だに多いのが現状です。中国でのビジネスを真剣に考えるのでしたら、中国語は身に付けることは必須と捉えてください。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国人とのビジネス

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国人とのビジネス】

■中国進出でビジネスを成功するには?まずは中国という国を知ろう

中国進出を計画している企業は、現在も少なくないでしょう。

中国でビジネスを成功させる為に必要なことは、まずは「中国を知る」ことです。中国の人口は約14億と世界一、約960万㎢と日本の25倍という広大な土地面積を誇り、様々な民族が暮らしています。現在は、世界第二位の経済大国です。広大な土地で多くの文化が入り混じっている為、暮らしている環境や地域、ニーズも異なります。そのため、中国のビジネスを成功させるには、商材をどの客層に売るのかターゲットを明確にしておく必要があります。

■中国人とのビジネス

ビジネスにおける日本人と中国人の大きな違いは、「組織」を重んじる日本人に対し、「個人」を大切にするのが中国人という点にあります。会社の成長の為、チームの為、そして自分自身の為に働く日本人ですが、中国人は「キャリア」や「昇給」を意識します。「この会社の為に」という考えの前に、自分自身が企業に納得できなければ、より自身に合った企業へと転職することもあります。

また、中国はアメリカなどと同様、実力や成果が重要視される国です。そのため、若者がベテランより高給となるケースがあり、その反対のケースもあるようです。この他、中国人は「人脈」を大切にすると言われています。それは、良い企業で働くためには良い人脈が必要である。という考え方があるからのようです。

日本で商材を売ると同じ感覚で安易に中国進出することは、ビジネスの失敗に繋がりかねません。中国そして、中国人の考え方を十分に理解した上で、慎重に進出を計画することが大切です。

また、中国人との人脈を築き上げるうえで中国語を話すことは不可欠です。その国の母国語を話すことができれば「考え」が伝わり、さらに仲間意識の大切にする中国人の信頼を得やすくなることでしょう。

中国でビジネスをお考えの方は、しっかりと中国語を学んでおくことをおすすめします。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-ビジネスマナー

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国進出でビジネスに必要なマナーとは!?日本と同じ感覚では失敗する?】

広大な土地面積を持ち、人材・生産スピードなど、生産の拠点として世界から注目されている経済大国「中国」。ビジネスチャンスを中国で掴もうと思案する企業は多くある一方で、チャイナリスクから踏み込めないと悩む企業があるのも事実です。仲間意識が強いと言われる中国人ですが、ビジネス場面では中国独自のマナーがあるようです。

■挨拶時のビジネスマナー

まず、ビジネスシーンではお辞儀から始まる日本に対し、中国では握手をするのが一般的です。ここでポイントとなるのが「右手で握手」をすることです。中国では様々な宗教が信仰されており、「左手は不浄なもの」とされる宗派の方がいます。そのため、最初の第一印象で悪いイメージを与えない為には、右手で握手することを意識しましょう。この際、手袋やグローブを着用していた場合は、手袋を外してからです。また、握手する相手が女性だった場合、女性から握手を求められて断るのはマナー違反になります。さらに、男性から女性に握手を求めることは「ハラスメント」と勘違いされやすく、マナー違反になりますので注意してください。

握手をする際は軽く握り、您好(nín hǎo)と一言添えられるのが理想的な挨拶です。勿論、相手の目を見つつ笑顔で挨拶するところは日本と変わりません。您好は、你好(nǐ hǎo)の敬語となる言葉で、ビジネスシーンを問わずに使えます。

■服装に関するビジネスマナー

日本ではスーツが一般的ですが、中国では一部業界を除き私服でも問題はありません。商談の時などでもカジュアルな服装で大丈夫ですが、商談の場所次第ではドレスコードを意識した服装を求められる場合も考えられるので、念の為に、スーツを1着は用意しておくと安心です。

■食事や時間に関するビジネスマナー

北京や上海のような大都市地域や大企業では近年仕事も超多忙で事情は変わって来ているそうですが、中国の昼の休憩時間は、日本と比べると長めなところが多いです。

大学なども8:00から1限目が始まるのが一般的なのでお昼の休憩では昼寝をする習慣が大多数にあります。

食事を一緒にするということはお互いに相手を理解し、ビジネスに関する商談や相談をする良いチャンスです。日本で仕事や飲み会でごく自然に仕事の話題になるのと同じく、中国でも食事で人間関係を築いていくことがビジネスの上でも重要です。

また、時間に厳しい日本ですが、この点においては中国も変わりありません。中国人は時間にルーズな印象がありますが、やはり大きな仕事をする舞台では時間に関して厳格です。商談や会議に遅れることは信用を損なう原因となり得ます。仮にどうしても間に合わない場合は、事前に連絡をしておくことは、万国共通のビジネスマナーと言えるでしょう。

中国でのビジネスにおいて、日本と同じ感覚では失礼にあたることがあることをおわかり頂けたでしょうか。中国でのマナーを正しく理解し、良い関係を築きたいという真摯な姿勢が、中国ビジネス成功の第一歩と言えそうです。

さらに忘れてはいけないのが、その国の言語で話す。という点です。流暢になるまでとは言いません。少しでも中国語を話せた方が、相手に与える印象も良いものになります。中国でのビジネスをお考えでしたら、中国語の習得も併せて行ってみてはいかがでしょうか。

中国人の考え方と日本人の考え方の違いを明解に説明した本です。こちらを読むと少なからず中国人がなぜそのような行動をするのか理解するkとができます。

『スッキリ中国論 スジの日本、量の中国 (日本語)』 単行本 – 2018/10/18 田中 信彦 (著)

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-チャイナリスクとは

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国ビジネスでのチャイナリスクとは?失敗しない為に学ぶべきこと】

世界第2位の経済大国、中国。世界中で数多くの企業が中国進出を視野に入れています。すでに中国ビジネスで成功を収める企業がある一方で、進出に難航している企業も少なくないようです。日本と中国は隣国ではあるものの、文化や価値観、考え方は異なります。中国にビジネスで進出するためには、中国についてしっかりと勉強しておくことが必要です。

■チャイナリスクとは

中国に限らず、他国でビジネスをするうえでは、対象国の地域性やニーズ、価値観や国民性など、ビジネス以外の違いによる損失リスクがあります。これを「カントリーリスク」と言いますが、中国でのカントリーリスクのことをチャイナリスク(中国リスク)と表現されます。勿論、日本にもカントリーリスクが存在します。日本でビジネスを行うにしても地震や災害、隣国との外交問題など注視したい点は多くあります。そして、中国でのビジネスには、中国独自の為替や環境など、経済の不安定さによるリスクがあるようです。

■中国を知ろう

ではチャイナリスクとは具体的にどのようなことがあるのでしょうか。まず挙げられるのは「環境問題」です。環境におけるリスクは、中国でのビジネスに少なからず影響を与えます。中国に生産拠点を持ち、日本や他国で販売する商品が、環境問題により商品への信頼を欠くことになれば、ビジネスにおいてもマイナスになることがあり得るのです。

次に挙げられるのは「国民性・人件費」です。世界から企業が中国進出し、広大な地域や豊富な人材を使い、安価で大量生産が行える魅力的な国でした。ですが、中国が急成長したことで人件費や生産コストが上昇し、今後は今までのような価格では大量生産が出来なくなる可能性があります。

さらに、国ごとに文化の違いがあるように、仕事に対する考え方にも違いがあります。日本人の感覚だけを頼りにビジネスをしようとすれば、当然トラブルの元にもなるでしょう。

中国でビジネスを成功させるのは、企業毎のリスクを事前に知り、調査や対策を入念に取り組んだ上で慎重に行う必要があります。そして、リスクを軽減させる為には、現地従業員とのコミュニケーションが不可欠になります。中国語を習得しておけば言葉の壁も無くなりますし、より良い関係を築ける第一歩となるでしょう。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の知的財産権問題

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の知的財産権問題】

日本人が中国でビジネスをする場合、最低限知っておく必要があるのは知的財産権問題になります。知的財産とは、アイデアや創造物など財産的な価値を持っているものを意味しています。例えば、自分で作詞作曲をした場合には、自分のアイデアを出して作っていますのでこれは知的財産と呼んでよいでしょう。知的財産は、法律で保護されることになっています。もし、自分で作詞作曲した曲をだれかが勝手に利用しそれで商売をしている場合には、知的財産権が侵害されているといえるわけです。このような場合、裁判所に訴えることで作詞作曲をした人は勝てる可能性があるわけです。

では、なぜ中国でビジネスをする場合知的財産権が問題になるのでしょうか。その理由の一つが、中国では様々な日本のブランド名を知的財産として登録しているからです。例えば、日本で有名な青森のリンゴがあった場合、これを中国に持って行って商売をするとき「青森のリンゴ」として商売することはまずできません。なぜかといえば、中国人がすでに現地で「青森のリンゴ」の商標を登録しているからです。それ以外にも、日本で有名な南高梅の梅干しがありますが、これもたいてい中国人が現地で「南高梅」の名前を商品として登録しています。実際に本物でなくても勝手に登録してしまえば日本人が海外に行った時その商品名で商売をすることができません。そうすると、今まで持っていたブランドの価値を発揮することができなくなってしまいます。

一方、中国では青森で育てたリンゴでないにもかかわらず「青森のリンゴ」などといって売り出すことが可能になってしまいます。そうすると、青森のりんごを日本のブランドを知っている人が間違えて購入してしまう可能性もあるでしょう。形ある商品だけでなく、形のないアニメの作品や映画の作品ですらすでに商標登録はされている可能性が高いです。有名なものに関しては、ほぼ登録されているといってよいでしょう。そうすると日本のブランドが使えず商売するときにも一切強みが発揮できないことがわかります。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の人事・労務の注意点

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の人事・労務の注意点】

中国に進出する日本企業が多くなっている理由の一つに、労働者の賃金が安いことが挙げられます。中国でのビジネスは人件費の節約ができるなどからも日本人経営者がビジネス拠点として選ぶことが多いのです。ただ、異国の地であると同時に日本人とは異なる習慣を持つこと、労務管理は難しさがあるといわれており簡単に考えているとトラブルが起こることがあるため注意をしなければなりません。

近年中国は急速な経済発展を成し遂げており、その反面で地方での労働者の賃金は比較的緩やかに上がる傾向です。都市部では急激な上昇であるのに対して地方での賃金上昇が緩やか、結果的に低賃金でありながらも高物価の状況下での生活を強いられているわけですから、地方で働く労働者は賃金やその他の待遇において改善を求めるケースが多いのです。こうした状況を懸念して、中国政府は2008年に労働契約法やその実施条例・労働争議調停仲裁法などの労働関連法を策定・施行しています。これらの法律の目的は、労働関係法制度の完備をはじめ、労使関係の安定化や労働者の権利を保護することです。

しかし、この労働契約法で定められている疾病療養期間を悪用するなど、仮病で休む労働者も少なくないといいます。そのため、中国でビジネスを行う場合には中国式の労務管理テクニックを把握しておくことが重要な課題になって来るのです。面接の際には履歴書を持参することになりますが、この履歴書にも嘘偽りがあるともいわれており、履歴書の詐称を見抜くための事前調査が必要不可欠です。試用期間中の労働者は労働契約法により保護されているので、試用期間内で解雇(歴任ではないなどの理由)を行うと、その会社は立証責任を負わなければならなくなります。日本企業は人件費を引き下げる目的で現地従業員を最大限に活用するケースが多いのですが、従業員すべてを現地労働者にすると会社の財産を横領することもあれば親戚を雇うなどの不正行為を働くケースが多いため、日本人労働者の導入も必要不可欠です。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の財務の留意点

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の財務の留意点】

中国には、日本と異なるビジネスの仕組みや習慣があります。
日本と同じ感覚でビジネスをしていると、法律に違反してしまう可能性もあるので注意が必要です。
現地のルールを守り安全に日本人がビジネスをするためにも、日本との違いを把握しておかなければいけません。

中国と日本のビジネスでは、財務についても大きな違いがあります。
たとえば日本では利息や為替差損益は、営業外損益でくくり営業利益と経常利益に挟みます。
しかし中国では財務費用でくくってから、管理費用と営業費用を並んで配置する決まりです。
ちなみに管理費用とは管理部人件費等、営業費用は営業活動に関わる費用です。
その他にも日本の特別損益が別のところに入っていたりと、中国と日本では損益計算書の書式ですら大きな違いがありますから、混乱する日本人も多くなるでしょう。
中国では日本と異なり営業利益の概念もなく、通常利益のみの表示なのでこの点にも留意しなければいけません。
日本では損益計算書には、損益計算書そのもののほかに複数の資料がセットになっています。
しかし中国の損益計算書は資料がセットになっておらず、作成してもらう必要があるのも留意点と言えるでしょう。
貸借対照表は損益計算書に比べると大きな違いはありませんが、表示方法には差があるのでそれぞれの意味を理解しておかなければいけません。

書類の他に会計処理にも違いはあって、たとえば中国の税務上では仕掛品や半製品の概念がありません。
原材料・仕掛品・半製品・製品の4つに慣れている日本人にとって、この違いは大きなものになります。
税務上の処理も大きく変わってきますから、それぞれの意味を理解して計算しなければいけません。
中国は日本と同じ漢字が使われている国なので、現地の言葉に慣れていない日本人でもある程度の意味は推測できるでしょう。
しかしビジネスの現場では多くの違いがあるので、推測で判断するとビジネスで痛い目に遭うことになりかねません。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の法務の留意点②

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の法務の留意点②】

高まる中国の技術力と世界市場での存在感から国内外共にビジネスがますます活性化しているので、法務に際しても日本人にも馴染み深い世界共通の様相になっていますが、中国は元来法体系が3つに分かれている上に成立する時期により対象が同一であっても、各々規定されている内容に差異があるという点を抑えておくと円滑にビジネスが進められます。
対象が同一でも扱われ方に差異が生じる様子に日本人のビジネスマンが最も気が付きやすいのは、国全体での扱われ方と地方での扱われ方に差異がある様子です。
そのため、地方では中国が示している休暇制度などに則って従業員が働いているのではなく、各地方の休暇制度に則って働いている様子は珍しくありません。
こうした国全体が示している法務と、地域で実際に準拠されている法務で差異が発生している事例が少なくないので中国の地方でビジネスを開始したり、中心部で展開していたビジネスを地方にも拡大させるという場合には、中心部と地方での法の扱われ方の違いに意識しましょう。

このような法の差異に関しては速いペースで解消されてきているので、間もなく全く相互に違いが見られなくなりますが、速いペースで変化していく法律にその都度しっかりと対応していく姿勢も重要です。
中でも独占禁止法については企業結合申告の要求が従来に比較して厳格化されているので、中国にとっては外資系となる日本人が行うビジネスはより一層注意深く精査されます。
そして、中国国内では国民の満足度を高める動きが国レベルで活発化していますし、中国の消費者もさらに品質が高い物やサービスを求めるようになっているので、消費者を守るべく消費者権益保護法が改正されました。
改正された法律により企業は製品やサービスの品質を高めるだけではなく、製品の購入後やサービスの利用後にも十分なアフターサービスを提供する事が定められており、品質やアフターサービスが十分ではない事例ではメディアで取り上げられる対象になる場合もあるため、中国でのビジネスはますます消費者にとってより良いものをお届けする事が重要です。

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の法務の留意点⓵

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の法務の留意点⓵】

近頃は日中間で経済的な繋がりが強くなったため、たくさんの日本人にとって、中国に関連した取引をすることやその取引に伴う法的な問題を処理する必要が生じることは多いです。自分の会社の商品を輸出したり製造工場を設けたり現地で飲食店を営むなどといった様々なビジネスでは輸出や輸入、売買についての法律だけではなく現地法人を設立したり運営したりすることにまつわる法律や消費者保護や製品品質にまつわる法律、スタッフの雇用についての法律など様々な中国の法律とこれらの法律に基づいた実務を運用することが留意点になります。

また、会社の法務担当者に中国の法律問題にまつわる他部署から相談に応じる必要性が生じる可能性が高いです。こういった相談の要望に対応するには日本の法律と同じように、中国における法律実務に関して普段から理解して情報を更新しておく必要があります。

現地のビジネスでは契約や法律より人間関係の方が重視されるといった日本人の意見を良く聞くことがありますが、近頃の中国の実務運用や法整備の状況をみると、人間関係が重視されるという考え方は妥当であるとは言えません。民事取引や会社法制、外商投資や製品品質の分野で法体系の執行の強化や整備が急速に進んでいて、取引する当事者の契約に対する意識も高まっています。他にも消費者保護や独占禁止、不正競争防止や労働関係などの分野でも法体系の整備が急速に進んでいるのが実情です。

ですので中国の法律実務を日本人は特殊なものであると、あまり捉えない方が良いと言えます。その一方で、中国における法律実務は法体系が複雑であるという特徴もあるため、このことに日本人が留意するのは有意義なことです。中国では、ある法的領域にまつわる国家の法規には、法律の他にもっと細かい規定である部門規則や行政法規などがあることが多いですが、これらが成立する前後に同様の問題に対して規制をしているのに各規定内容が大幅に違うことがあるので留意する必要があります。

 

お勧めレッスン: ビジネス中国語

中国ビジネス向けコラム-中国の冠婚葬祭の注意点-葬式

 

“池袋中国語コラム”とは・・・

中国語学習者のための”池袋発”中国語学習に役立つコラムです。中国に関することだけでなく様々な話題を中国語を交えて紹介していきます。このカテゴリーでは、中国赴任や出張などビジネス向けの方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

【中国の冠婚葬祭の注意点-葬式】

中国でビジネスを行っていると現地で関係を構築した方の葬式に参列する機会も生じますが、日本人が中国で葬式に参列する際には日本とは様々な点で差異がある事を理解しておく必要があり、特に服装に関しては外見上大きな差異があります。
日本人が葬式に参列する際は喪服を着用するため男女問わず黒色の衣類と小物を用いる様子になりますが、中国においては取り分けて服装に定めがありません。
そのため、中にはデニムを着用している参列者も稀有ではないものの、自由度が高いとは言っても相応しい服装を心がける事がマナーなので、落ち着いた色選びを意識しましょう。
色については黒色の他に白色も問題無いですし灰色や青色を選択しても構わないですが、輝く派手なアクセサリーなどの着用は慎むべきです。

そして、中国の葬式においても日本と同様に香典をお渡しする習慣がありますが、香典には奇数の金額を包まなければならない上に、割り切る事ができないよう1元を末尾に足す事例が多いです。
また、香典を包む際には白色の封筒や専用品を使用しますが、包む金額は地域差が大きいため中国でビジネスを行っている地域の方に尋ねてみると安心です。

お勧めレッスン: ビジネス中国語